【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

明代建文朝史の研究

この論文をさがす

著者

    • 川越, 泰博 カワゴエ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

明代建文朝史の研究

著者名

川越, 泰博

著者別名

カワゴエ, ヤスヒロ

学位授与大学

中央大学

取得学位

博士 (史学)

学位授与番号

乙第208号

学位授与年月日

1996-12-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 緒言 / p7 (0009.jp2)
  2. 第一節 本書の目的 / p8 (0010.jp2)
  3. 第二節 本書の由来と構成 / p12 (0014.jp2)
  4. 第三節 本書各章の意図 / p17 (0019.jp2)
  5. 〔付〕 建文朝史研究文献一覧(稿) / p30 (0032.jp2)
  6. 序章 懿文太子の死とその波紋 / p40 (0042.jp2)
  7. 第一節 諸王封建と懿文太子の死 / p41 (0043.jp2)
  8. 第二節 懿文太子急死後の後継者問題 / p45 (0047.jp2)
  9. 第三節 後継者問題の再検討 / p49 (0051.jp2)
  10. 第一章 削藩政策の展開 / p63 (0065.jp2)
  11. 第一節 削藩論から削藩政策へ / p64 (0066.jp2)
  12. 第二節 周王削藩 / p67 (0069.jp2)
  13. 第三節 代王・斉王削藩と燕王対策 / p73 (0075.jp2)
  14. 第四節 湘王・岷王削藩と燕王対策 / p80 (0082.jp2)
  15. 第五節 削藩政策の構図と流血 / p83 (0085.jp2)
  16. 第二章 諸王府の軍事的力量と五王削藩の関係 / p92 (0094.jp2)
  17. 第一節 従来の見解 / p93 (0095.jp2)
  18. 第二節 諸王擁重兵論について / p98 (0100.jp2)
  19. 第三節 諸王府の軍事的力量(1)―護衛の構成数をめぐって― / p100 (0102.jp2)
  20. 第四節 諸王府の軍事的力量(2)―護衛の兵力数をめぐって― / p107 (0109.jp2)
  21. 第五節 諸王府の軍事的力量(3)―諸王の統帥権をめぐって― / p115 (0117.jp2)
  22. 第六節 削藩の順番の意味するもの / p125 (0127.jp2)
  23. 第三章 靖難の役前夜 / p141 (0143.jp2)
  24. 第一節 建文政権の動向 / p142 (0144.jp2)
  25. (一)張昺と謝貴と暴昭と / p142 (0144.jp2)
  26. (二)燕王府護衛の建文軍への徴兵 / p149 (0151.jp2)
  27. (三)対燕王府包囲網の形成 / p153 (0155.jp2)
  28. (四)削藩弾圧策と建文官僚の反応 / p156 (0158.jp2)
  29. 第二節 燕王と燕王府 / p164 (0166.jp2)
  30. (一)長史葛誠の上京と内応 / p164 (0166.jp2)
  31. (二)燕王上京の謎 / p171 (0173.jp2)
  32. (三)世子高熾らの上京と帰国 / p179 (0181.jp2)
  33. (四)挙兵への途 / p183 (0185.jp2)
  34. 第四章 靖難の役・燕王・祖訓 / p204 (0206.jp2)
  35. 第一節 上書・諭と祖訓 / p205 (0207.jp2)
  36. 第二節 令旨と祖訓 / p210 (0212.jp2)
  37. 第三節 再び上書・命旨と祖訓 / p219 (0221.jp2)
  38. 第四節 賜書と祖訓 / p237 (0239.jp2)
  39. 第五章 靖難の役と建文政権の対応 / p259 (0261.jp2)
  40. 第一節 戦局の展開と指導体制 / p260 (0262.jp2)
  41. (一)黄子澄・斉泰―耿炳文体制 / p260 (0262.jp2)
  42. (二)黄子澄・斉泰―李景隆体制 / p271 (0273.jp2)
  43. (三)その後の指導体制 / p276 (0278.jp2)
  44. 第二節 和平の交渉と意志決定 / p278 (0280.jp2)
  45. (一)李景隆の和平交渉 / p278 (0280.jp2)
  46. (二)和平交渉と建文帝―方孝孺 / p280 (0282.jp2)
  47. 第六章 靖難の役と諸王の動向 / p296 (0298.jp2)
  48. 第一節 諸王の動向(1) / p297 (0299.jp2)
  49. 第二節 諸王の動向(2) / p307 (0309.jp2)
  50. 第三節 諸王動向の諸類型 / p315 (0317.jp2)
  51. 第七章 靖難の役情報と李朝 / p322 (0324.jp2)
  52. 第一節 靖難の役に関する諸情報 / p323 (0325.jp2)
  53. 第二節 情報提供者とその特徴 / p355 (0357.jp2)
  54. 第三節 『李朝実録』と情報操作 / p361 (0363.jp2)
  55. 第八章 靖難の役と衛所官I―燕王麾下の衛所官― / p381 (0383.jp2)
  56. 第一節 史料と分析方法 / p382 (0384.jp2)
  57. 第二節 襲替 / p387 (0389.jp2)
  58. 第三節 出身地 / p394 (0396.jp2)
  59. 第四節 所属衛 / p402 (0404.jp2)
  60. 第五節 参戦年代・理由 / p417 (0419.jp2)
  61. 第六節 初職と陞進 / p423 (0425.jp2)
  62. 第七節 戦後の状況 / p433 (0435.jp2)
  63. 第八節 南直隷への配転 / p447 (0449.jp2)
  64. 第九章 靖難の役と衛所官II―建文帝麾下の衛所官― / p474 (0476.jp2)
  65. 第一節 検出の方法 / p475 (0477.jp2)
  66. 第二節 検出とその検討 / p490 (0492.jp2)
  67. 第三節 戦中・戦後の動向 / p510 (0512.jp2)
  68. 終章 建文と永楽の間で―建文諸臣の行動様式― / p535 (0537.jp2)
  69. 第一節 迎降者と勧進 / p536 (0538.jp2)
  70. 第二節 奸臣の創出とその関与者 / p544 (0546.jp2)
  71. (一)燕王の令旨と奸臣榜 / p544 (0546.jp2)
  72. (二)奸臣榜の人名とその命運 / p560 (0562.jp2)
  73. (三)奸臣の創出とその関与者 / p579 (0581.jp2)
  74. 結言 / p592 (0594.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153359
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087415
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317673
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ