【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

高圧蒸気加熱・非イオン系界面活性剤を用いたエンドトキシンの不活性化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 馬場, 隆明 バンバ, タカアキ

書誌事項

タイトル

高圧蒸気加熱・非イオン系界面活性剤を用いたエンドトキシンの不活性化に関する研究

著者名

馬場, 隆明

著者別名

バンバ, タカアキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第7305号

学位授与年月日

1997-09-10

注記・抄録

博士論文

14401乙第07305号

博士(薬学)

大阪大学

1997-09-10

13390

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本論 / p4 (0008.jp2)
  4. 第一章 高圧蒸気加熱処理によるエンドトキシンの不活性化について / p4 (0008.jp2)
  5. 第一節 代表的なエンドトキシンの不活性化について / p4 (0008.jp2)
  6. 第二節 エンドトキシンの不活性化における負荷量の影響 / p5 (0009.jp2)
  7. 第三節 エンドトキシンの不活性化速度(LAL試験および発熱性物質試験による評価) / p6 (0010.jp2)
  8. 第四節 小括 / p9 (0013.jp2)
  9. 第二章 エンドトキシンの不活性化に与える金属イオンの影響 / p10 (0014.jp2)
  10. 第一節 LAL試験における金属イオンの影響 / p10 (0014.jp2)
  11. 第二節 エンドトキシンの不活性化に与える金属イオンの影響 / p12 (0016.jp2)
  12. 第三節 小括 / p15 (0019.jp2)
  13. 第三章 エンドトキシンの不活性化に与える非イオン系界面活性剤の影響 / p16 (0020.jp2)
  14. 第一節 LAL試験における非イオン系界面活性剤の影響 / p16 (0020.jp2)
  15. 第二節 エンドトキシンの不活性化に与える非イオン系界面活性剤の影響 / p18 (0022.jp2)
  16. 第三節 エンドトキシン不活性化法としての有用性について / p20 (0024.jp2)
  17. 第四節 加熱処理されたエンドトキシンの残存活性におけるLAL試験と発熱性物質試験との相関性について / p23 (0027.jp2)
  18. 第五節 小括 / p25 (0029.jp2)
  19. 第四章 エンドトキシンの不活性化における非イオン系界面活性剤の作用機序について / p26 (0030.jp2)
  20. 第一節 LAL試験におけるn-Alkylnolyoxyethylene surfactantsの影響 / p26 (0030.jp2)
  21. 第二節 n-Alkylpolyoxyethylene surfactantsのエンドトキシン不活性化効果と添加濃度について / p27 (0031.jp2)
  22. 第三節 エンドトキシンの不活性化効果に与える加熱温度の影響 / p29 (0033.jp2)
  23. 第四節 n-ブタノールを用いた界面活性剤油相モデル / p31 (0035.jp2)
  24. 第五節 エンドトキシンの試験管からの回収実験 / p32 (0036.jp2)
  25. 第六節 加熱処理によるエンドトキシンの分子量低下とその会合体の粒子径の変化 / p33 (0037.jp2)
  26. 第七節 小括 / p35 (0039.jp2)
  27. 結論 / p36 (0040.jp2)
  28. 謝辞 / p37 (0041.jp2)
  29. 実験の部 / p38 (0042.jp2)
  30. 引用文献 / p42 (0046.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153453
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087504
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317767
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ