【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Dominant negative mutant of ionotropic glutamate receptor subunit GluR3 : implications for the role of a cysteine residue for its channel activity and pharmacological properties イオンチャネル型グルタミン酸受容体サブユニットGluR3のドミナントネガティブ変異体 : GluR3のチャネル活性及び薬理学的性質にシステイン残基が果たす役割についての考察

この論文をさがす

著者

    • 渡瀬, 啓 ワタセ, ケイ

書誌事項

タイトル

Dominant negative mutant of ionotropic glutamate receptor subunit GluR3 : implications for the role of a cysteine residue for its channel activity and pharmacological properties

タイトル別名

イオンチャネル型グルタミン酸受容体サブユニットGluR3のドミナントネガティブ変異体 : GluR3のチャネル活性及び薬理学的性質にシステイン残基が果たす役割についての考察

著者名

渡瀬, 啓

著者別名

ワタセ, ケイ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第7341号

学位授与年月日

1997-11-04

注記・抄録

博士論文

14401乙第07341号

博士(医学)

大阪大学

1997-11-04

13446

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153489
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087539
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317803
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ