【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

分子動力学によるRO[2] (R=Si, Ti, Ge, Sn) 酸化物結晶の物性と構造に関する研究 分子 動力学 RO2 R Si Ti Ge Sn 酸化物 結晶 物性 構造

この論文をさがす

著者

    • 金, 大原 キン, デウィン

書誌事項

タイトル

分子動力学によるRO[2] (R=Si, Ti, Ge, Sn) 酸化物結晶の物性と構造に関する研究

タイトル別名

分子 動力学 RO2 R Si Ti Ge Sn 酸化物 結晶 物性 構造

著者名

金, 大原

著者別名

キン, デウィン

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3360号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 本論文の目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-1.研究の背景と意義 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-2.分子動力学 / p4 (0009.jp2)
  6. 1-3.本研究の構成 / p24 (0019.jp2)
  7. 1-4.参考文献 / p26 (0020.jp2)
  8. 第2章 分子動力学による TiO₂結晶の物性と構造の研究 / p28 (0021.jp2)
  9. 2-1.はじめに / p28 (0021.jp2)
  10. 2-2.TiO₂多形の結晶構造について / p30 (0022.jp2)
  11. 2-3.分子動力学シミュレーション / p38 (0026.jp2)
  12. 2-4.結果および考察 / p42 (0028.jp2)
  13. 2-5.まとめ / p65 (0039.jp2)
  14. 2-6.参考文献 / p66 (0040.jp2)
  15. 第3章 分子動力学によるルチル型酸化物の結晶構造および物性の計算 / p69 (0041.jp2)
  16. 3-1.はじめに / p69 (0041.jp2)
  17. 3-2.SnO₂とGeO₂について / p75 (0044.jp2)
  18. 3-3.分子動力学シミュレーション / p77 (0045.jp2)
  19. 3-4.結果および考察 / p80 (0047.jp2)
  20. 3-5.GeO₂-SnO₂系固溶体 / p94 (0054.jp2)
  21. 3-6.まとめ / p97 (0055.jp2)
  22. 3-7.参考文献 / p98 (0056.jp2)
  23. 第4章 高圧下でのα-quartz SiO₂とα-quartz型GeO₂の相転移に関する分子動力学 / p100 (0057.jp2)
  24. 4-1.はじめに / p100 (0057.jp2)
  25. 4-2.α-quartz SiO₂とα-quartz型GeO₂の結晶構造 / p102 (0058.jp2)
  26. 4-3.分子動力学シミュレーション / p106 (0060.jp2)
  27. 4-4.結果および考察 / p111 (0062.jp2)
  28. 4-5.まとめ / p133 (0073.jp2)
  29. 4-6.参考文献 / p134 (0074.jp2)
  30. 第5章 材料科学における分子動力学研究の現況と展望 / p136 (0075.jp2)
  31. 5-1.はじめに / p136 (0075.jp2)
  32. 5-2.材料科学における分子動力学の研究現況および応用 / p136 (0075.jp2)
  33. 5-3.現在の分子動力学の問題点と改善策 / p140 (0077.jp2)
  34. 5-4.参考文献 / p146 (0080.jp2)
  35. 第6章 総括 / p147 (0080.jp2)
  36. List of Tables / p149 (0081.jp2)
  37. List of Figures / p151 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153562
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087592
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317876
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ