【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

固体NMRによる二量体液晶分子の構造研究

この論文をさがす

著者

    • 清水, レナット宣男 シミズ, レナット ノリオ

書誌事項

タイトル

固体NMRによる二量体液晶分子の構造研究

著者名

清水, レナット宣男

著者別名

シミズ, レナット ノリオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3429号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2章 ²H NMRによる単量体液晶分子との混合系における二量体液晶分子のスペーサーのコンホメーション解析 / (0016.jp2)
  5. 2.1 緒言 / p11 (0017.jp2)
  6. 2.2 実験 / p11 (0017.jp2)
  7. 2.3 結果と考察 / p16 (0022.jp2)
  8. 2.4 結論 / p48 (0054.jp2)
  9. 第3章 ²H NMR法と熱力学による二量体液晶分子のスペーサーのコンホメーション解析 / (0057.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p52 (0058.jp2)
  11. 3.2 コンホメーション・エントロピー変化と一定体積下における転移エントロピーとの比較 / p52 (0058.jp2)
  12. 3.3 相転移に伴うコンホメーションエントロピー変化の計算 / p53 (0059.jp2)
  13. 3.4 結果と考察 / p54 (0060.jp2)
  14. 3.5 結論 / p61 (0067.jp2)
  15. 第4章 固体高分解能¹³C NMRによる二量体液晶分子の配向挙動 / (0069.jp2)
  16. 4.1 緒言 / p64 (0070.jp2)
  17. 4.2 実験 / p64 (0070.jp2)
  18. 4.3 結果と考察 / p69 (0075.jp2)
  19. 4.4 結論 / p98 (0104.jp2)
  20. 第5章 ¹³C-¹³C双極子-双極子相互作用による二量体液晶分子のスペーサーのコンホメーション解析 / (0107.jp2)
  21. 5.1 緒言 / p102 (0108.jp2)
  22. 5.2 実験 / p104 (0110.jp2)
  23. 5.3 粉末スペクトルの線形解析 / p107 (0113.jp2)
  24. 5.4 結果と考察 / p112 (0118.jp2)
  25. 5.5 結論 / p121 (0127.jp2)
  26. 第6章 固体高分解能¹³C NMRおよびAb Initio量子化学計算による固体状態における二量体液晶分子のメソゲンのコンホメーション解析 / (0129.jp2)
  27. 6.1 緒言 / p124 (0130.jp2)
  28. 6.2 実験 / p125 (0131.jp2)
  29. 6.3 計算 / p125 (0131.jp2)
  30. 6.4 結果と考察 / p126 (0132.jp2)
  31. 6.5 結論 / p143 (0149.jp2)
  32. 第7章 総括 / p145 (0151.jp2)
  33. 謝辞 / p148 (0154.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153631
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092651
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317945
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ