【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

IFN-γによる肝細胞障害機構の解明 IFN-γによる肝細胞障害機構の解明

この論文をさがす

著者

    • 狩野, 有宏 カノウ, アリヒロ

書誌事項

タイトル

IFN-γによる肝細胞障害機構の解明

タイトル別名

IFN-γによる肝細胞障害機構の解明

著者名

狩野, 有宏

著者別名

カノウ, アリヒロ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3489号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0010.jp2)
  4. 1-1 肝臓について / p2 (0011.jp2)
  5. 1-2肝炎について / p5 (0014.jp2)
  6. 1-3 細胞増殖(細胞周期)と細胞死(アポトーシス) / p11 (0020.jp2)
  7. 1-4 IFN-γと肝実質細胞における細胞生物学的研究の意義 / p13 (0022.jp2)
  8. 図表 / p14 (0023.jp2)
  9. 第二章 初代培養肝細胞の増殖活性、及びIFN-γによるそのDNA合成の阻害と細胞障害性の解析 / p22 (0031.jp2)
  10. 2-1 緒言 / p23 (0032.jp2)
  11. 2-2 試薬と実験方法 / p24 (0033.jp2)
  12. 2-3 結果 / p27 (0036.jp2)
  13. 2-4 考察 / p35 (0044.jp2)
  14. 図表 / p39 (0048.jp2)
  15. 第三章 IFN-γによる肝細胞障害における癌抑制因子p53の解析 / p54 (0063.jp2)
  16. 3-1 緒言 / p55 (0064.jp2)
  17. 3-2 試薬と実験方法 / p57 (0066.jp2)
  18. 3-3 結果 / p60 (0069.jp2)
  19. 3-4 考察 / p62 (0071.jp2)
  20. 図表 / p65 (0074.jp2)
  21. 第四章 IFN-γのp53欠損肝細胞に対する影響 / p72 (0081.jp2)
  22. 4-1 緒言 / p73 (0082.jp2)
  23. 4-2 試薬と実験方法 / p75 (0084.jp2)
  24. 4-3 結果 / p77 (0086.jp2)
  25. 4-4 考察 / p81 (0090.jp2)
  26. 図表 / p84 (0093.jp2)
  27. 第五章 結論 / p92 (0101.jp2)
  28. 5-1 結論 / p93 (0102.jp2)
  29. 5-2 今後の課題 / p95 (0104.jp2)
  30. 図表 / p97 (0106.jp2)
  31. 参考文献 / p98 (0107.jp2)
  32. 業績リスト / p105 (0114.jp2)
  33. 謝辞 / p106 (0115.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153691
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092706
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000318005
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ