【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

転写因子E4TF1/hGABPの転写促進機構の解析

この論文をさがす

著者

    • 澤田, 潤一 サワダ, ジュンイチ

書誌事項

タイトル

転写因子E4TF1/hGABPの転写促進機構の解析

著者名

澤田, 潤一

著者別名

サワダ, ジュンイチ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3495号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-1 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-2 既往の研究 / p1 (0008.jp2)
  6. 1-3 本研究の目的 / p7 (0013.jp2)
  7. 1-4 本論文の構成と内容 / p8 (0014.jp2)
  8. 第2章 転写因子hGABP/E4FT1各サブユニットの機能ドメインの解析 / p14 (0020.jp2)
  9. 2-1 緒言 / p14 (0020.jp2)
  10. 2-2 実験材料および実験方法 / p15 (0021.jp2)
  11. 2-3 結果 / p24 (0030.jp2)
  12. 2-4 考察 / p28 (0034.jp2)
  13. 第3章 転写因子E4TF1/hGABPが標的にする細胞性遺伝子 / p47 (0053.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p47 (0053.jp2)
  15. 3-2 実験材料および実験方法 / p48 (0054.jp2)
  16. 3-3 結果 / p54 (0060.jp2)
  17. 3-4 考察 / p56 (0062.jp2)
  18. 第4章 転写因子E4TF1/hGABPと転写因子群ATF/CREBファミリーとの機能的相互作用の解明 / p64 (0070.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p64 (0070.jp2)
  20. 4-2 実験材料および実験方法 / p66 (0072.jp2)
  21. 4-3 結果 / p71 (0077.jp2)
  22. 4-4 考察 / p74 (0080.jp2)
  23. 第5章 転写因子E4TF1/hGABPと転写因子ATF1との構造的相互作用およびその機能ドメインの解析 / p84 (0090.jp2)
  24. 5-1 緒言 / p84 (0090.jp2)
  25. 5-2 実験材料および実験方法 / p86 (0092.jp2)
  26. 5-3 結果 / p93 (0099.jp2)
  27. 5-4 考察 / p97 (0103.jp2)
  28. 第6章 総括 / p114 (0120.jp2)
  29. 6-1 本研究のまとめ / p114 (0120.jp2)
  30. 6-2 本研究の流れ / p115 (0121.jp2)
  31. 6-3 転写因子E4TF1/hGABPの転写促進機構のモデル / p117 (0123.jp2)
  32. 参考文献 / p122 (0128.jp2)
  33. 謝辞 / p130 (0136.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153697
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092712
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318011
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ