【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

膜-水界面における分子間相互作用および疎水性相互作用に関する計算化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 玉川, 浩久 タマガワ, ヒロヒサ

書誌事項

タイトル

膜-水界面における分子間相互作用および疎水性相互作用に関する計算化学的研究

著者名

玉川, 浩久

著者別名

タマガワ, ヒロヒサ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3500号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-1 水素結合を介した分子認識 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-2 疎水面間の長距離相互作用 / p9 (0015.jp2)
  6. 1-3 界面現象の理論的解析手法 / p14 (0020.jp2)
  7. 1-4 本論文の目的と構成 / p23 (0029.jp2)
  8. 参考文献 / p26 (0032.jp2)
  9. 第二章 量子化学計算に基づく単分子膜-水界面における分子間相互作用の解析 / p31 (0037.jp2)
  10. 2-1 序 / p31 (0037.jp2)
  11. 2-2 計算理論 / p37 (0043.jp2)
  12. 2-3 系のモデル化 / p44 (0050.jp2)
  13. 2-4 結果 / p51 (0057.jp2)
  14. 2-5 考察 / p61 (0067.jp2)
  15. 2-6 結論 / p79 (0085.jp2)
  16. 参考文献 / p81 (0087.jp2)
  17. 第三章 Poisson-Boltzmann理論に基づく単分子膜-水界面における分子間相互作用の解析 / p84 (0090.jp2)
  18. 3-1 序 / p84 (0090.jp2)
  19. 3-2 理論の定式化 / p86 (0092.jp2)
  20. 3-3 結果と考察 / p93 (0099.jp2)
  21. 3-3 結論 / p108 (0114.jp2)
  22. 参考文献 / p109 (0115.jp2)
  23. 第四章 Poisson-Boltzmann理論と三層誘電体モデルに基づく分子間相互作用の解析 / p111 (0117.jp2)
  24. 4-1 序 / p111 (0117.jp2)
  25. 4-2 理論の定式化 / p112 (0118.jp2)
  26. 4-3 結果と考察 / p122 (0128.jp2)
  27. 4-4 結論 / p128 (0134.jp2)
  28. 参考文献 / p128 (0134.jp2)
  29. 第五章 分子動力学シミュレーションによる疎水面間に働く長距離相互作用の解析 / p130 (0136.jp2)
  30. 5-1 序 / p130 (0136.jp2)
  31. 5-2 計算方法 / p134 (0140.jp2)
  32. 5-3 結果 / p146 (0152.jp2)
  33. 5-4 考察 / p242 (0248.jp2)
  34. 5-5 結論 / p257 (0263.jp2)
  35. 参考文献 / p259 (0265.jp2)
  36. 第六章 結論 / p264 (0270.jp2)
  37. 謝辞 / p268 (0276.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153702
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092717
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318016
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ