【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

転写因子NF-κBの活性化機構に関する研究 : 薬剤E3330を用いた解析

この論文をさがす

著者

    • 平本, 正樹 ヒラモト, マサキ

書誌事項

タイトル

転写因子NF-κBの活性化機構に関する研究 : 薬剤E3330を用いた解析

著者名

平本, 正樹

著者別名

ヒラモト, マサキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3503号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-1 転写と転写因子 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-2 NF-κB / p3 (0009.jp2)
  6. 1-3 E3330 / p6 (0012.jp2)
  7. 1-4 Ref-1 / p7 (0013.jp2)
  8. 1-5 本研究の目的および概要 / p8 (0014.jp2)
  9. 図・表 / p10 (0016.jp2)
  10. 第2章 E3330のNF-κB特異的転写抑制活性 / p17 (0023.jp2)
  11. 2-1 緒言 / p17 (0023.jp2)
  12. 2-2 材料および方法 / p17 (0023.jp2)
  13. 2-3 結果および考察 / p25 (0031.jp2)
  14. 2-4 まとめ / p28 (0034.jp2)
  15. 図・表 / p30 (0036.jp2)
  16. 第3章 NF-κB活性化経路におけるE3330作用点の検討 / p37 (0043.jp2)
  17. 3-1 緒言 / p37 (0043.jp2)
  18. 3-2 材料および方法 / p37 (0043.jp2)
  19. 3-3 結果および考察 / p44 (0050.jp2)
  20. 3-4 まとめ / p48 (0054.jp2)
  21. 図・表 / p50 (0056.jp2)
  22. 第4章 E3330細胞内レセプターの同定と精製 / p57 (0063.jp2)
  23. 4-1 緒言 / p57 (0063.jp2)
  24. 4-2 材料および方法 / p57 (0063.jp2)
  25. 4-3 結果および考察 / p60 (0066.jp2)
  26. 4-4 まとめ / p63 (0069.jp2)
  27. 図・表 / p64 (0070.jp2)
  28. 第5章 Ref-1のcDNAクローニングと組換えRef-1のE3330結合活性 / p70 (0076.jp2)
  29. 5-1 緒言 / p70 (0076.jp2)
  30. 5-2 材料および方法 / p70 (0076.jp2)
  31. 5-3 結果および考察 / p83 (0089.jp2)
  32. 5-4 まとめ / p87 (0093.jp2)
  33. 図・表 / p89 (0095.jp2)
  34. 第6章 組換えRef-1のNF-κB活性化に関する機能解析 / p96 (0102.jp2)
  35. 6-1 緒言 / p96 (0102.jp2)
  36. 6-2 材料および方法 / p96 (0102.jp2)
  37. 6-3 結果および考察 / p103 (0109.jp2)
  38. 6-4 まとめ / p108 (0114.jp2)
  39. 図.表 / p110 (0116.jp2)
  40. 第7章 総括 / p122 (0128.jp2)
  41. 図.表 / p125 (0131.jp2)
  42. 参考文献 / p126 (0132.jp2)
  43. 略語一覧 / p137 (0143.jp2)
  44. 謝辞 / p139 (0145.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153705
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092720
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318019
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ