【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

波面変調によるデータの高速処理に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 角田, 貢 カクタ, ミツグ

書誌事項

タイトル

波面変調によるデータの高速処理に関する研究

著者名

角田, 貢

著者別名

カクタ, ミツグ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3507号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序章 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 論文の構成 / p2 (0008.jp2)
  5. 第2章 波面変調素子を用いた光電子ハイブリッド処理 / p4 (0010.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p4 (0010.jp2)
  7. 2.2 波面変調素子を用いたカラー画像の識別 / p5 (0011.jp2)
  8. 2.3 ハイブリッド処理によるカラー画像識別システム / p12 (0018.jp2)
  9. 2.4 光学系を用いたカラー画像の相関演算 / p14 (0020.jp2)
  10. 2.5 考察 / p25 (0031.jp2)
  11. 2.6 第2章のまとめ / p28 (0034.jp2)
  12. 第3章 光演算を用いた暗号化 / p29 (0035.jp2)
  13. 3.1 はじめに / p29 (0035.jp2)
  14. 3.2 暗号化方式 / p31 (0037.jp2)
  15. 3.3 Vernam暗号における画像の利用 / p32 (0038.jp2)
  16. 3.4 擬似乱数乱数の生成 / p34 (0040.jp2)
  17. 3.5 Vernam暗号化演算光学系 / p37 (0043.jp2)
  18. 3.6 画像を鍵とした暗号化 / p41 (0047.jp2)
  19. 3.7 第3章のまとめ / p46 (0052.jp2)
  20. 第4章 擬似乱数の生成とVERNAM暗号化 / p48 (0054.jp2)
  21. 4.1 はじめに / p48 (0054.jp2)
  22. 4.2 実験光学系 / p49 (0055.jp2)
  23. 4.3 光学系を用いた排他的論理和の基礎的検討 / p52 (0058.jp2)
  24. 4.4 原始多項式χ³¹+χ³+1に基づく擬似乱数の生成 / p56 (0062.jp2)
  25. 4.5 原始多項式χ¹²⁷+χ+1に基づく擬似乱数の生成 / p60 (0066.jp2)
  26. 4.6 Vernam暗号化 / p64 (0070.jp2)
  27. 4.7 考察 / p67 (0073.jp2)
  28. 4.8 第4章のまとめ / p76 (0082.jp2)
  29. 第5章 結論 / p77 (0083.jp2)
  30. 参考文献 / p80 (0086.jp2)
  31. 研究業績 / p86 (0092.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153709
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092724
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318023
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ