【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

放電用電極に着目したティグ溶接法の溶込みの改善による高能率化・高品質化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 日向, 輝彦 ヒナタ, テルヒコ

書誌事項

タイトル

放電用電極に着目したティグ溶接法の溶込みの改善による高能率化・高品質化に関する研究

著者名

日向, 輝彦

著者別名

ヒナタ, テルヒコ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2907号

学位授与年月日

1996-05-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p5 (0006.jp2)
  4. 第2章 電極先端形状に着目した静止・直流ティグアークによる溶込み形成 / p14 (0011.jp2)
  5. 2.1 緒言 / p15 (0011.jp2)
  6. 2.2 供試材および実験方法 / p15 (0011.jp2)
  7. 2.3 実験結果および考察 / p16 (0012.jp2)
  8. 2.4 結言 / p22 (0015.jp2)
  9. 第3章 移動ティグアークにおける溶込み形成と実用継手の溶接 / p34 (0021.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p35 (0021.jp2)
  11. 3.2 供試材および実験方法 / p35 (0021.jp2)
  12. 3.3 実験結果および考察 / p35 (0021.jp2)
  13. 3.4 結言 / p41 (0024.jp2)
  14. 第4章 直流ティグアークにおけるアノードスポットに着目した溶込み形成の解析と溶込みの改善 / p51 (0029.jp2)
  15. 4.1 緒言 / p52 (0030.jp2)
  16. 4.2 供試材および実験方法 / p52 (0030.jp2)
  17. 4.3 実験結果および考察 / p53 (0030.jp2)
  18. 4.4 結言 / p61 (0034.jp2)
  19. 第5章 交流ティグアークによる溶接に及ぼす電流波形の影響 / p70 (0039.jp2)
  20. 5.1 緒言 / p71 (0039.jp2)
  21. 5.2 供試材および実験方法 / p71 (0039.jp2)
  22. 5.3 電極の溶融変形およびアーク現象に及ぼす電流波形の影響 / p72 (0040.jp2)
  23. 5.4 電流波形がアルミニウム溶接に及ぼす影響 / p75 (0041.jp2)
  24. 5.5 結言 / p78 (0043.jp2)
  25. 第6章 交流ティグアークのアーク現象に及ぼす放電用電極材質の影響 / p86 (0047.jp2)
  26. 6.1 緒言 / p87 (0047.jp2)
  27. 6.2 供試材および実験方法 / p87 (0047.jp2)
  28. 6.3 交流ティグアークの基本的検討 / p87 (0047.jp2)
  29. 6.4 各種電極の溶融形態およびアーク発生現象 / p89 (0048.jp2)
  30. 6.5 電極中に添加された酸化物の作用 / p94 (0051.jp2)
  31. 6.6 結言 / p96 (0052.jp2)
  32. 第7章 交流ティグ溶接による実用継手の溶接 / p103 (0055.jp2)
  33. 7.1 緒言 / p104 (0056.jp2)
  34. 7.2 供試材および実験方法 / p104 (0056.jp2)
  35. 7.3 交流ティグ溶接における電極の経時変化 / p104 (0056.jp2)
  36. 7.4 アルミニウム薄板の溶接に及ぼす電極材質の影響 / p106 (0057.jp2)
  37. 7.5 結言 / p109 (0058.jp2)
  38. 第8章 Heをシールドガスとして用いる交流ティグ溶接 / p116 (0062.jp2)
  39. 8.1 緒言 / p117 (0062.jp2)
  40. 8.2 供試材および実験方法 / p117 (0062.jp2)
  41. 8.3 EN比率が電極の溶融変形に及ぼす影響 / p118 (0063.jp2)
  42. 8.4 溶接性の検討 / p119 (0063.jp2)
  43. 8.5 アーク形状と溶込み形成 / p121 (0064.jp2)
  44. 8.6 実用継手の溶接 / p122 (0065.jp2)
  45. 8.7 結言 / p124 (0066.jp2)
  46. 第9章 結論 / p133 (0070.jp2)
  47. 参考文献 / p140 (0074.jp2)
  48. 謝辞 / p144 (0076.jp2)
  49. 発表論文目録 / p145 (0076.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153777
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092791
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318091
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ