【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ディスク記憶装置における誤り制御符号の構成法と高速復号法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 堀口, 敏男 ホリグチ, トシオ

書誌事項

タイトル

ディスク記憶装置における誤り制御符号の構成法と高速復号法に関する研究

著者名

堀口, 敏男

著者別名

ホリグチ, トシオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2922号

学位授与年月日

1996-07-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景と意義 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 ディスク記憶装置における誤り制御符号化技術の動向 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.3 ディスク記憶装置における誤り制御符号化技術の課題 / p5 (0008.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成 / p14 (0013.jp2)
  8. 1.5 本論文の用語について / p17 (0014.jp2)
  9. 参考文献 / p17 (0014.jp2)
  10. 第2章 リードソロモン符号の直接復号法 / p20 (0016.jp2)
  11. 2.1 まえがき / p20 (0016.jp2)
  12. 2.2 RS符号の概要 / p21 (0016.jp2)
  13. 2.3 多項式の生成行列式 / p22 (0017.jp2)
  14. 2.4 直接復号法 / p32 (0022.jp2)
  15. 2.5 Peterson復号器およびBM復号器との比較・評価 / p38 (0025.jp2)
  16. 2.6 ディスク記憶装置への応用 / p44 (0028.jp2)
  17. 2.7 むすび / p46 (0029.jp2)
  18. 参考文献 / p47 (0029.jp2)
  19. 第3章 リードソロモン符号の誤り数値計算法 / p48 (0030.jp2)
  20. 3.1 まえがき / p48 (0030.jp2)
  21. 3.2 基本方程式と誤り数値計算法 / p49 (0030.jp2)
  22. 3.3 Peterson復号法 / p53 (0032.jp2)
  23. 3.4 Berlekamp-Massey復号法 / p57 (0034.jp2)
  24. 3.5 ユークリッド復号法および連分数復号法 / p65 (0038.jp2)
  25. 3.6 復号法の等価性に基づく考察 / p73 (0042.jp2)
  26. 3.7 計算量/復号時間の評価 / p74 (0043.jp2)
  27. 3.8 誤り・消失への応用 / p81 (0046.jp2)
  28. 3.9 ディスク記憶装置への応用 / p87 (0049.jp2)
  29. 3.10 むすび / p87 (0049.jp2)
  30. 参考文献 / p88 (0050.jp2)
  31. 第4章 ユークリッド復号法を用いたリードソロモン符号のBCH限界以上の復号法 / p91 (0051.jp2)
  32. 4.1 まえがき / p91 (0051.jp2)
  33. 4.2 ユークリッド復号法の出力多項式の解析 / p93 (0052.jp2)
  34. 4.3 BCH限界以上の誤り位置多項式の表現 / p100 (0056.jp2)
  35. 4.4 ユークリッド復号法によるBCH限界以上の復号法 / p106 (0059.jp2)
  36. 4.5 BCH限界以上の復号法の評価 / p112 (0062.jp2)
  37. 4.6 連分数復号法によるBCH限界以上の復号法 / p114 (0063.jp2)
  38. 4.7 ソリッド・バースト誤り訂正への応用 / p115 (0063.jp2)
  39. 4.8 誤り・消失訂正への応用 / p118 (0065.jp2)
  40. 4.9 ディスク記憶装置への応用 / p122 (0067.jp2)
  41. 4.10 むすび / p122 (0067.jp2)
  42. 参考文献 / p123 (0067.jp2)
  43. 付録4.2.1 補題4.2.1の証明 / p125 (0068.jp2)
  44. 付録4.2.2 定理4.2.1の証明 / p128 (0070.jp2)
  45. 付録4.2.3 定理4.2.2の証明 / p130 (0071.jp2)
  46. 第5章 リードソロモン符号を用いたBCH限界以上の同時生起複合誤りの確率的復号法 / p132 (0072.jp2)
  47. 5.1 まえがき / p132 (0072.jp2)
  48. 5.2 同時生起複合誤りの確率的復号法 / p133 (0072.jp2)
  49. 5.3 剰余復号法に基づく確率的復号法 / p151 (0081.jp2)
  50. 5.4 ディスク記憶装置への応用 / p158 (0085.jp2)
  51. 5.5 むすび / p158 (0085.jp2)
  52. 参考文献 / p159 (0085.jp2)
  53. 付録5.2.1 [数式]の独立性にいて / p161 (0086.jp2)
  54. 付録5.2.2 MDS符号の性質に基づく[数式],[数式]の上界の導出 / p161 (0086.jp2)
  55. 付録5.3.1 u=1,2の[数式],[数式] / p163 (0087.jp2)
  56. 第6章 ランレングス制限記録符号 / p164 (0088.jp2)
  57. 6.1 まえがき / p164 (0088.jp2)
  58. 6.2 (d=1,k;m,n;r>1)符号の構成法 / p165 (0088.jp2)
  59. 6.3 (d=O,k;m,n;f=1)符号の構成法 / p174 (0093.jp2)
  60. 6.4 評価 / p174 (0093.jp2)
  61. 6.5 新しいRLL符号の実用化状況 / p178 (0095.jp2)
  62. 6.6 むすび / p179 (0095.jp2)
  63. 参考文献 / p179 (0095.jp2)
  64. 第7章 多数決復号可能2重誤り訂正符号 / p181 (0096.jp2)
  65. 7.1 まえがき / p181 (0096.jp2)
  66. 7.2 (m²+3m+1,m²)1段直交可能符号 / p182 (0097.jp2)
  67. 7.3 (m²+3(m+k₁)+1,m²+3k₁)1段直交可能符号 / p187 (0099.jp2)
  68. 7.4 (m²+3(m-k₂)+1,m²)2段直交可能符号 / p191 (0101.jp2)
  69. 7.5 評価 / p197 (0104.jp2)
  70. 7.6 ディスク記憶装置への応用 / p198 (0105.jp2)
  71. 7.7 むすび / p200 (0106.jp2)
  72. 参考文献 / p201 (0106.jp2)
  73. 第8章 結論 / p203 (0107.jp2)
  74. 謝辞 / p207 (0109.jp2)
  75. 著者の発表論文リスト / p208 (0110.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153792
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092806
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318106
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ