【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

地盤凍結による不撹乱試料に基づく砂礫地盤の原位置液状化強度の評価方法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 後藤, 茂 ゴトウ, シゲル

書誌事項

タイトル

地盤凍結による不撹乱試料に基づく砂礫地盤の原位置液状化強度の評価方法に関する研究

著者名

後藤, 茂

著者別名

ゴトウ, シゲル

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2937号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / 0-1 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 論文の構成 / p5 (0008.jp2)
  6. 第2章 地盤の液状化強度の評価方法に関する既往の研究 / p9 (0010.jp2)
  7. 2.1 原位置試験(標準貫入試験)を主体にした地盤の液状化強度の評価法 / p9 (0010.jp2)
  8. 2.2 不撹乱試料の室内試験による地盤の液状化強度の評価方法 / p12 (0012.jp2)
  9. 第3章 砂礫地盤における試料採取時の試料の乱れを軽減するための地盤凍結 / p15 (0013.jp2)
  10. 3.1 試料の乱れの軽減に対する地盤凍結の有効性 / p15 (0013.jp2)
  11. 3.2 試料の乱れの軽減のための凍結地盤の強度特性 / p19 (0015.jp2)
  12. 3.3 凍結砂礫地盤の切削における試料の乱れの軽減 / p39 (0025.jp2)
  13. 3.4 原位置での地盤凍結状態の把握方法 / p62 (0037.jp2)
  14. 3.5 第3章の結論 / p69 (0040.jp2)
  15. 第4章 地盤凍結により発生する試料の乱れと液状化強度への影響の補正方法 / p71 (0041.jp2)
  16. 4.1 地盤凍結に関する問題と土の凍結膨張特性 / p71 (0041.jp2)
  17. 4.2 凍結・融解による試料の液状化強度の変化 / p84 (0048.jp2)
  18. 4.3 地盤の凍結状態を推定するための数値解析方法 / p108 (0060.jp2)
  19. 4.4 凍結膨張ひずみを用いた採取試料の液状化強度の補正方法 / p123 (0067.jp2)
  20. 4.5 第4章の結論 / p132 (0072.jp2)
  21. 第5章 地盤凍結による不撹乱試料の採取方法の砂礫地盤への適用 / p134 (0073.jp2)
  22. 5.1 地盤凍結による不撹乱試料採取方法の実施上の留意点 / p134 (0073.jp2)
  23. 5.2 液体窒素を用いた単管凍結による沖積砂礫地盤からの不撹乱試料の採取 / p136 (0074.jp2)
  24. 5.3 凍結プラントを用いた群管凍結による洪積砂礫地盤からの不撹乱試料の採取 / p154 (0083.jp2)
  25. 5.4 採取試料の乱れの程度の定量的評価 / p174 (0093.jp2)
  26. 5.5 第5章の結論 / p179 (0095.jp2)
  27. 第6章 地盤凍結により採取した不撹乱砂礫試料の液状化強度と変形特性 / p181 (0096.jp2)
  28. 6.1 不撹乱砂礫試料の室内力学試験方法 / p181 (0096.jp2)
  29. 6.2 砂礫試料の液状化強度 / p184 (0098.jp2)
  30. 6.3 動的変形特性 / p198 (0105.jp2)
  31. 6.4 静的な強度変形特性 / p205 (0108.jp2)
  32. 6.5 第6章の結論 / p214 (0113.jp2)
  33. 第7章 結論 / p216 (0114.jp2)
  34. 謝辞 / p224 (0118.jp2)
  35. 参考文献 / p225 (0118.jp2)
  36. 本研究に関連して発表した論文 / p231 (0121.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153807
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092821
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318121
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ