【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

国土数値情報を利用した広域での地震ハザード評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松岡, 昌志 マツオカ, マサシ

書誌事項

タイトル

国土数値情報を利用した広域での地震ハザード評価に関する研究

著者名

松岡, 昌志

著者別名

マツオカ, マサシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2945号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0008.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 本研究の目的 / p2 (0010.jp2)
  5. 1.2 既往の研究 / p4 (0012.jp2)
  6. 1.3 本研究の方法と位置づけ / p14 (0022.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成 / p16 (0024.jp2)
  8. 1.5 用語の定義 / p17 (0025.jp2)
  9. 第2章 広域での地震ハザード評価のための地盤データ / p22 (0030.jp2)
  10. 2.1 はじめに / p23 (0031.jp2)
  11. 2.2 国土数値情報の概要 / p24 (0032.jp2)
  12. 2.3 マイクロゾーニングにおける微地形分類の意義 / p29 (0037.jp2)
  13. 2.4 国土数値情報に基づく微地形データの作成 / p32 (0040.jp2)
  14. 2.5 まとめ / p41 (0049.jp2)
  15. 第3章 国土数値情報を利用した地震動強さの評価 / p42 (0050.jp2)
  16. 3.1 はじめに / p43 (0051.jp2)
  17. 3.2 地震動強さの評価に用いる尺度 / p45 (0053.jp2)
  18. 3.3 微地形と地盤の平均S波速度との関係 / p47 (0055.jp2)
  19. 3.4 地盤の平均S波速度の推定 / p53 (0061.jp2)
  20. 3.5 震度分布の予測手法 / p57 (0065.jp2)
  21. 3.6 まとめ / p60 (0068.jp2)
  22. 第4章 国土数値情報を利用した液状化危険度評価 / p61 (0069.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p62 (0070.jp2)
  24. 4.2 微地形と液状化しやすさとの関係 / p63 (0071.jp2)
  25. 4.3 液状化危険度の予測手法 / p73 (0081.jp2)
  26. 4.4 まとめ / p75 (0083.jp2)
  27. 第5章 国土数値情報を利用した斜面崩壊危険度評価 / p76 (0084.jp2)
  28. 5.1 はじめに / p77 (0085.jp2)
  29. 5.2 斜面崩壊要因の抽出 / p78 (0086.jp2)
  30. 5.3 数量化理論II類による斜面崩壊要因の分析 / p82 (0090.jp2)
  31. 5.4 斜面崩壊危険度の予測手法 / p86 (0094.jp2)
  32. 5.5 まとめ / p91 (0099.jp2)
  33. 第6章 想定地震に対する広域地震ハザード評価 / p92 (0100.jp2)
  34. 6.1 はじめに / p93 (0101.jp2)
  35. 6.2 地震ハザード評価手法の妥当性の検討 / p94 (0102.jp2)
  36. 6.3 想定地震に対する地震ハザードの評価例 / p102 (0110.jp2)
  37. 6.4 まとめ / p114 (0122.jp2)
  38. 第7章 結論 / p115 (0123.jp2)
  39. 参考文献 / p118 (0126.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153815
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092829
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318129
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ