【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

高分解能透過型電子顕微鏡によるAl-Mg[2]Si系合金における中間相の時効析出に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松田, 健二 マツダ, ケンジ

書誌事項

タイトル

高分解能透過型電子顕微鏡によるAl-Mg[2]Si系合金における中間相の時効析出に関する研究

著者名

松田, 健二

著者別名

マツダ, ケンジ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第3026号

学位授与年月日

1997-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 本論文の背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 本論文の目的 / p3 (0006.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p3 (0006.jp2)
  7. 1.4 小括 / p5 (0007.jp2)
  8. 参考文献 / p7 (0008.jp2)
  9. 第2章 Al-Mg-Si系合金の時効析出過程 / p9 (0009.jp2)
  10. 2.1 はじめに / p9 (0009.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p11 (0010.jp2)
  12. 2.3 時効硬化挙動 / p15 (0012.jp2)
  13. 2.4 時効にともなう電気比抵抗変化 / p19 (0014.jp2)
  14. 2.5 析出組織の観察 / p23 (0016.jp2)
  15. 2.6 小括 / p31 (0020.jp2)
  16. 参考文献 / p32 (0021.jp2)
  17. 第3章 AI-Mg₂Si擬2元合金における中間相の形態および結晶学的解析 / p33 (0021.jp2)
  18. 3.1 はじめに / p33 (0021.jp2)
  19. 3.2 実験方法 / p34 (0022.jp2)
  20. 3.3 粒内析出の中間相の結晶構造および母相との結晶学的方位関係 / p34 (0022.jp2)
  21. 3.4 粒界析出の中間相の形態 / p54 (0032.jp2)
  22. 3.5 小括 / p63 (0036.jp2)
  23. 参考文献 / p65 (0037.jp2)
  24. 第4章 中間相の形態および結晶構造におよぼす過剰シリコンの影響 / p67 (0038.jp2)
  25. 4.1 はじめに / p67 (0038.jp2)
  26. 4.2 実験方法 / p67 (0038.jp2)
  27. 4.3 過剰シリコン合金に析出する中間相β'の形態 / p68 (0039.jp2)
  28. 4.4 新タイプの中間相の形態および結晶構造の解析 / p71 (0040.jp2)
  29. 4.5 粒界に析出する中間相の形態 / p102 (0056.jp2)
  30. 4.6 小括 / p112 (0061.jp2)
  31. 参考文献 / p113 (0061.jp2)
  32. 第5章 中間相β'の析出組織におよぼす過剰マグネシウムの影響 / p114 (0062.jp2)
  33. 5.1 はじめに / p114 (0062.jp2)
  34. 5.2 実験方法 / p114 (0062.jp2)
  35. 5.3 粒内析出物の形態および母相との結晶学的方位関係 / p115 (0062.jp2)
  36. 5.4 粒界析出物の形態 / p118 (0064.jp2)
  37. 5.5 小括 / p130 (0070.jp2)
  38. 参考文献 / p130 (0070.jp2)
  39. 第6章 種々の中間相の析出過程および競合成長 / p131 (0070.jp2)
  40. 6.1 はじめに / p131 (0070.jp2)
  41. 6.2 実験方法 / p131 (0070.jp2)
  42. 6.3 Al-Mg₂Si 擬2元合金におけるβ'相と前駆相 / p132 (0071.jp2)
  43. 6.4 過剰シリコン合金における各中間相の前駆相と競合成長 / p147 (0078.jp2)
  44. 6.5 過剰マグネシウム合金におけるβ'相と前駆相ならびに立方体状相 / p168 (0089.jp2)
  45. 6.6 平衡状態図による時効析出過程の検討 / p178 (0094.jp2)
  46. 6.7 小括 / p182 (0096.jp2)
  47. 参考文献 / p184 (0097.jp2)
  48. 第7章 平衡相の析出およびその形態 / p185 (0097.jp2)
  49. 7.1 はじめに / p185 (0097.jp2)
  50. 7.2 実験方法 / p185 (0097.jp2)
  51. 7.3 平衡相の析出組織 / p186 (0098.jp2)
  52. 7.4 平衡β相の形態および母相との結晶学的方位関係 / p187 (0098.jp2)
  53. 7.5 Si相の形態および母相との結晶学的方位関係 / p195 (0102.jp2)
  54. 7.6 立方体状相の形態および母相との結晶学的方位関係 / p209 (0109.jp2)
  55. 7.7 小括 / p213 (0111.jp2)
  56. 参考文献 / p216 (0113.jp2)
  57. 第8章 結論 / p217 (0113.jp2)
  58. 謝辞 / p220 (0115.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153896
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092910
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318210
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ