【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

分極性が異なる化合物半導体中の励起子に対する量子閉じ込め効果とその磁気光学的研究

この論文をさがす

著者

    • 安井, 孝成 ヤスイ, タカナリ

書誌事項

タイトル

分極性が異なる化合物半導体中の励起子に対する量子閉じ込め効果とその磁気光学的研究

著者名

安井, 孝成

著者別名

ヤスイ, タカナリ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7240号

学位授与年月日

1997-05-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. -目次- / (0003.jp2)
  2. 本論文の構成 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章:研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-1:化合物半導体の分極性 / p1 (0006.jp2)
  5. 1-2:半導体中の励起子と外部摂動 / p4 (0008.jp2)
  6. 1-3:結晶成長技術 / p14 (0013.jp2)
  7. 1-4:本研究の目的 / p15 (0013.jp2)
  8. 第2章:試料作製 / p16 (0014.jp2)
  9. 2-1:MBE法による試料作製の概要 / p16 (0014.jp2)
  10. 2-2:ZnCdSe/ZnSe多重量子井戸の作製 / p25 (0018.jp2)
  11. 第3章:試料の評価 / p35 (0023.jp2)
  12. 3-1:試料の品質 / p35 (0023.jp2)
  13. 3-2:試料の膜厚 / p42 (0027.jp2)
  14. 第4章:実験手法 / p57 (0034.jp2)
  15. 4-1:磁気円偏光2色性測定 / p57 (0034.jp2)
  16. 4-2:発光の励起スペクトル測定 / p61 (0036.jp2)
  17. 第5章:CuCl薄膜の磁気光学効果 / p64 (0038.jp2)
  18. 5-1:序 / p64 (0038.jp2)
  19. 5-2:CuCl薄膜の透過スペクトルと励起子の並進運動の量子化 / p65 (0038.jp2)
  20. 5-3:CuCl薄膜の磁気円偏光2色性スペクトル / p72 (0042.jp2)
  21. 5-4:CuCl薄膜に於ける励起子のg値とその量子閉じ込め効果 / p86 (0049.jp2)
  22. 5-5:まとめ / p90 (0051.jp2)
  23. 第6章:Zn₁₋χCdχSe/ZnSe多重量子井戸の磁気光学効果 / p91 (0051.jp2)
  24. 6-1:序 / p91 (0051.jp2)
  25. 6-2:Zn₁₋χCdχSe/ZnSe多重量子井戸の透過スペクトルとその歪み効果 / p93 (0052.jp2)
  26. 6-3:Zn₁₋χCdχSe/ZnSe多重量子井戸の磁気円偏光2色性スペクトルと励起子のg値 / p102 (0057.jp2)
  27. 6-4:励起子のg値と量子井戸幅との関係 / p105 (0058.jp2)
  28. 6-5:励起子のg値とCd混晶比との関係 / p109 (0060.jp2)
  29. 6-6:まとめ / p112 (0062.jp2)
  30. 第7章:GaAs/AlAs多重量子井戸の磁気光学効果 / p113 (0062.jp2)
  31. 7-1:序 / p113 (0062.jp2)
  32. 7-2:GaAs/AlAs多重量子井戸の発光の励起スペクトル / p115 (0063.jp2)
  33. 7-3:ランダウレベルモデルとマグネトエキシトンモデル / p122 (0067.jp2)
  34. 7-4:強磁場によって誘起された最低励起子準位の対称性の変化 / p132 (0072.jp2)
  35. 7-5:強磁場下に於けるGaAs/AlAs多重量子井戸内の励起子状態 / p138 (0075.jp2)
  36. 7-6:まとめ / p140 (0076.jp2)
  37. 第8章:結論 / p142 (0077.jp2)
  38. 補足A: / p144 (0078.jp2)
  39. 補足B: / p147 (0079.jp2)
  40. 補足C: / p150 (0081.jp2)
  41. 謝辞: / p154 (0083.jp2)
  42. 参考文献 / p156 (0084.jp2)
  43. 本研究に関する発表論文 / p161 (0086.jp2)
  44. 国際会議における発表 / p164 (0088.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153957
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092969
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318271
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ