【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

刑事再審理由の判断方法

この論文をさがす

著者

    • 田中, 輝和 タナカ, テルカズ

書誌事項

タイトル

刑事再審理由の判断方法

著者名

田中, 輝和

著者別名

タナカ, テルカズ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第7338号

学位授与年月日

1997-11-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p6 (0006.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 第一編 実態と問題点 / p1 (0009.jp2)
  4. 【まえがき】 / p3 (0010.jp2)
  5. 第一章 松山事件第二次再審請求一審決定(請求棄却)―最新理由としての「新証拠の明白性」の判断方法に関する一事例 / p6 (0012.jp2)
  6. 一 はじめに / p6 (0012.jp2)
  7. 二 誤判と再審制度 / p7 (0012.jp2)
  8. 三 本資料紹介の目的 / p10 (0014.jp2)
  9. 四 学説の動向および本件高裁決定と本決定との関係 / p13 (0015.jp2)
  10. 五 松山事件について / p16 (0017.jp2)
  11. 資料一 松山事件第二次再審請求一審決定 / p18 (0018.jp2)
  12. 資料二 最新理由補充申立(抄) / p29 (0023.jp2)
  13. 第二章 松山事件第二次再審請求即時抗告審決定(棄却決定取消)―刑事訴訟規則二八六条所定の請求人の意見陳述の機会を奪ったことを理由として、再審請求棄却決定を取り消した事例 / p71 (0044.jp2)
  14. 一 事実の概要 / p71 (0044.jp2)
  15. 二 判旨 / p73 (0045.jp2)
  16. 三 解説 / p74 (0046.jp2)
  17. 第三章 最高裁白鳥再審請求事件―刑訴法四三五条六号にいう「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」の意義・程度および判断方法 / p80 (0049.jp2)
  18. 一 事実 / p80 (0049.jp2)
  19. 二 決定要旨 / p82 (0050.jp2)
  20. 三 評釈 / p83 (0050.jp2)
  21. 第四章 松山事件からみた再審問題―新証拠の「明白性」を中心に / p92 (0055.jp2)
  22. 一 本稿の目的と方法 / p92 (0055.jp2)
  23. 二 「明白性」の判断方法の問題点 / p97 (0057.jp2)
  24. 三 「明白性」の程度の問題点 / p107 (0062.jp2)
  25. 四 最高裁白鳥決定と残された問題 / p109 (0063.jp2)
  26. 第五章 再審理由としての「明白性」・総合評価の方法試論―問題の所在の明確化のために― / p113 (0065.jp2)
  27. 一 本稿の目的 / p113 (0065.jp2)
  28. 二 総合評価の方法の基本論点の再検討 / p117 (0067.jp2)
  29. 三 拘束力肯定説の意義と限界 / p122 (0070.jp2)
  30. 四 拘束力否定説の問題点 / p126 (0072.jp2)
  31. 五 結び / p130 (0074.jp2)
  32. 第六章 松山事件第二次再審請求差戻一審決定(再審開始)―その意義と若干の問題点― / p142 (0080.jp2)
  33. 一 はじめに / p142 (0080.jp2)
  34. 二 本決定の意義 / p143 (0080.jp2)
  35. 三 「明白性」の解釈・運用 / p146 (0082.jp2)
  36. 四 結び / p153 (0085.jp2)
  37. 第二編 比較法的考察 / p157 (0087.jp2)
  38. 【まえがき】 / p159 (0088.jp2)
  39. 第一章 ノヴァの再審理由の総合評価方法の類型―比較法的反省― / p161 (0089.jp2)
  40. 一 本稿の目的 / p161 (0089.jp2)
  41. 二 総合評価の方法の類型―(西)ドイツの場合― / p164 (0091.jp2)
  42. 三 比較法的反省 / p175 (0096.jp2)
  43. 第二章 ノヴァの再審理由の総合評価方法―西ドイツの判例と学説― / p182 (0100.jp2)
  44. 一 本稿の目的 / p182 (0100.jp2)
  45. 二 西ドイツの判例と学説 / p183 (0100.jp2)
  46. 三 結び / p196 (0107.jp2)
  47. 付録 カール・ペータースの「刑事訴訟学(Strafprozeβlehre)」―一九六七年―七二年の展開の概観― / p202 (0110.jp2)
  48. 一 カール・ペータースの「刑事訴訟学」とその重要性 / p202 (0110.jp2)
  49. 二 刑事訴訟学の対象 / p211 (0114.jp2)
  50. 三 刑事訴訟学の可能性と必要性 / p211 (0114.jp2)
  51. 四 刑事訴訟学の例証―「役割」の例による具体的提示 / p214 (0116.jp2)
  52. 五 結び / p224 (0121.jp2)
  53. 第三編 歴史的考察 / p227 (0122.jp2)
  54. 【まえがき】 / p229 (0123.jp2)
  55. 第一章 ヘルムート・マイアーの刑事再審論(紹介)―手続構造と再審との関係の解明のために― / p231 (0124.jp2)
  56. 一 紹介の意義と本稿の構成 / p231 (0124.jp2)
  57. 二 糾問手続きにおける再審 / p237 (0127.jp2)
  58. 三 弾劾手続における再審 / p247 (0132.jp2)
  59. 四 一九三〇年草案に対する、H・マイアーの修正案 / p262 (0140.jp2)
  60. 第二章 治罪法・旧旧刑訴法の再審理由―その意義と問題性― / p267 (0142.jp2)
  61. 一 問題の所在 / p267 (0142.jp2)
  62. 二 直前史 / p271 (0144.jp2)
  63. 三 治罪法、旧旧刑訴法の再審理由の意義 / p273 (0145.jp2)
  64. 四 治罪法、旧旧刑訴法の再審理由の問題性 / p277 (0147.jp2)
  65. 五 結論 / p304 (0161.jp2)
  66. 〔資料〕 / p308 (0163.jp2)
  67. 第三章 わが国におけるノヴァ再審の成立―その歪みについて― / p312 (0165.jp2)
  68. 一 問題の所在 / p312 (0165.jp2)
  69. 二 旧法立法過程と関係資料 / p318 (0168.jp2)
  70. 三 旧法立法過程における変遷 / p322 (0170.jp2)
  71. 四 旧法立法過程とドイツ法 / p326 (0172.jp2)
  72. 五 旧法立法過程と治罪法・旧旧法 / p331 (0174.jp2)
  73. 六 結び / p337 (0177.jp2)
  74. 付録 「死刑者供養会」(随想) / p342 (0180.jp2)
  75. 第四編 現行法の解釈と改革 / p345 (0181.jp2)
  76. 【まえがき】 / p347 (0182.jp2)
  77. 第一章 再審と証拠開示―弘前、松山両事件を素材として― / p349 (0183.jp2)
  78. 一 本稿の目的 / p349 (0183.jp2)
  79. 二 開示された証拠の重要性 / p351 (0184.jp2)
  80. 三 開示に至る経過 / p365 (0191.jp2)
  81. 四 結び / p373 (0195.jp2)
  82. 第二章 最高裁財田川決定の意義 / p378 (0198.jp2)
  83. 一 はじめに / p378 (0198.jp2)
  84. 二 最高裁財田川決定の意義 / p381 (0199.jp2)
  85. 三 おわりに / p387 (0202.jp2)
  86. 第三章 総合評価方法の実質論―なぜ再審に新証拠が必要か― / p389 (0203.jp2)
  87. 一 本稿の目的 / p389 (0203.jp2)
  88. 二 基本論点 / p390 (0204.jp2)
  89. 三 原一審最終弁論と再審無罪判決等の認定がほぼ一致する二つの事例―弘前事件と松山事件― / p392 (0205.jp2)
  90. 四 原一審最終弁論と再審無罪判決等の認定がほぼ一致する事例の意味するもの / p401 (0209.jp2)
  91. 第四章 最高裁白鳥(再審請求事件)決定の意義・再考―総合評価方法の形式論をかねて / p410 (0214.jp2)
  92. 一 問題の所在と本稿の構成 / p410 (0214.jp2)
  93. 二 最高裁白鳥決定は限定付再評価説か / p416 (0217.jp2)
  94. 三 最高裁白鳥決定は原裁判官説か / p424 (0221.jp2)
  95. 四 結び / p433 (0225.jp2)
  96. 収録論文等初出一覧 / p442 (0230.jp2)
  97. 判例索引 / p7 (0232.jp2)
  98. 事項索引 / p1 (0235.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154055
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093066
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318369
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ