【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

振動分光法によるダイヤモンド表面と水素, 酸素, ハロゲン分子の相互作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 安藤, 寿浩 アンドウ, トシヒロ

書誌事項

タイトル

振動分光法によるダイヤモンド表面と水素, 酸素, ハロゲン分子の相互作用に関する研究

著者名

安藤, 寿浩

著者別名

アンドウ, トシヒロ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第7343号

学位授与年月日

1997-11-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 1-1 研究の背景 / p4 (0006.jp2)
  4. 1-2 本研究の目的 / p19 (0021.jp2)
  5. 1-3 本論文の構成 / p21 (0023.jp2)
  6. 第2章 振動分光法のダイヤモンド表面への適応の基礎と実験技術 / p25 (0027.jp2)
  7. 2-1 振動分光法の基礎 / p25 (0027.jp2)
  8. 2-2 フーリエ変換赤外分光法および分光装置 / p28 (0030.jp2)
  9. 2-3 高分解能電子線エネルギー損失分光法および分光装置 / p33 (0035.jp2)
  10. 2-4 表面和周波発生分光法および分光装置 / p36 (0038.jp2)
  11. 2-5 まとめ / p39 (0041.jp2)
  12. 第3章 フーリエ変換赤外分光法によるダイヤモンド粉末表面水素化の観察 / p42 (0044.jp2)
  13. 3-1 緒言 / p42 (0044.jp2)
  14. 3-2 実験方法 / p43 (0045.jp2)
  15. 3-3 光音響分光法および拡散反射法によるダイヤモンド表面吸着種の観察 / p47 (0049.jp2)
  16. 3-4 酸化ダイヤモンド表面の水素化 / p59 (0061.jp2)
  17. 3-5 昇温脱離法による表面吸着種の解析 / p63 (0065.jp2)
  18. 3-6 レーザラマン分光法による表面吸着種脱離後の表面の解析 / p69 (0071.jp2)
  19. 3-7 まとめ / p72 (0074.jp2)
  20. 第4章 ダイヤモンド表面吸着水素と重水素との交換反応 / p76 (0078.jp2)
  21. 4-1 緒言 / p76 (0078.jp2)
  22. 4-2 実験方法 / p76 (0078.jp2)
  23. 4-3 ダイヤモンド表面化学吸着水素と気相水素との交換反応 / p78 (0080.jp2)
  24. 4-4 ダイヤモンド気相合成条件と表面吸着水素に関する考察 / p85 (0087.jp2)
  25. 4-5 まとめ / p86 (0088.jp2)
  26. 第5章 高分解能電子エネルギー損失分光法によるダイヤモンド単結晶表面の観察 / p89 (0091.jp2)
  27. 5-1 緒言 / p89 (0091.jp2)
  28. 5-2 実験方法 / p90 (0092.jp2)
  29. 5-3 CVD成長したダイヤモンド表面の水素吸着構造 / p92 (0094.jp2)
  30. 5-4 結晶面の違いによる水素吸着構造の違い / p99 (0101.jp2)
  31. 5-5 まとめ / p108 (0110.jp2)
  32. 第6章 界面和周波発生分光法によるダイヤモンド単結晶表面の観察 / p111 (0113.jp2)
  33. 6-1 緒言 / p111 (0113.jp2)
  34. 6-2 実験方法 / p112 (0114.jp2)
  35. 6-3 CVD成長したダイヤモンド表面からの和周波発生スペクトル / p113 (0115.jp2)
  36. 6-4 まとめ / p117 (0119.jp2)
  37. 第7章 ダイヤモンド表面の酸化反応 / p119 (0121.jp2)
  38. 7-1 緒言 / p119 (0121.jp2)
  39. 7-2 実験方法 / p120 (0122.jp2)
  40. 7-3 液相酸化によるダイヤモンド表面への酸素吸着 / p121 (0123.jp2)
  41. 7-4 酸素分子によるダイヤモンド表面への酸素吸着 / p124 (0126.jp2)
  42. 7-5 酸素吸着の被覆率による吸着構造の変化 / p128 (0130.jp2)
  43. 7-6 酸素吸着構造の脱離 / p133 (0135.jp2)
  44. 7-7 ダイヤモンド表面の酸化反応の反応機構 / p138 (0140.jp2)
  45. 7-8 まとめ / p141 (0143.jp2)
  46. 第8章 ダイヤモンド表面のフッ素化反応 / p144 (0146.jp2)
  47. 8-1 緒言 / p144 (0146.jp2)
  48. 8-2 実験方法 / p145 (0147.jp2)
  49. 8-3 F₂ガスと水素化ダイヤモンド表面との相互作用 / p147 (0149.jp2)
  50. 8-4 F₂ガスと酸化ダイヤモンド表面との相互作用 / p152 (0154.jp2)
  51. 8-5 マイクロ波放電を用いたCF₄プラズマとダイヤモンド表面との相互作用 / p156 (0158.jp2)
  52. 8-6 フッ素吸着ダイヤモンド表面からのフッ素の脱離 / p156 (0158.jp2)
  53. 8-7 まとめ / p161 (0163.jp2)
  54. 第9章 ダイヤモンド表面と塩素との反応 / p165 (0167.jp2)
  55. 9-1 緒言 / p165 (0167.jp2)
  56. 9-2 実験方法 / p166 (0168.jp2)
  57. 9-3 Cl₂ガスと水素化ダイヤモンド表面との相互作用 / p167 (0169.jp2)
  58. 9-4 塩素吸着ダイヤモンド表面からの塩素の脱離 / p170 (0172.jp2)
  59. 9-5 塩素吸着表面とルイス塩基との反応 / p177 (0179.jp2)
  60. 9-6 まとめ / p182 (0184.jp2)
  61. 第10章 結論 / p185 (0187.jp2)
  62. 謝辞 / p189 (0191.jp2)
  63. 本研究に関する発表論文 / p190 (0192.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154060
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093071
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318374
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ