【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

海底光増幅中継システムにおける障害探査技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 角田, 正豐 スミダ, マサトヨ

書誌事項

タイトル

海底光増幅中継システムにおける障害探査技術に関する研究

著者名

角田, 正豐

著者別名

スミダ, マサトヨ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第9748号

学位授与年月日

1998-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的と課題 / p7 (0008.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p11 (0010.jp2)
  7. 第2章 後方散乱光経路を用いた障害探査方式 / p15 (0012.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p15 (0012.jp2)
  9. 2.2 海底光増幅中継システムの概要 / p16 (0013.jp2)
  10. 2.3 散乱光経路の設計 / p21 (0015.jp2)
  11. 2.4 OTDRの受信感度 / p28 (0019.jp2)
  12. 2.5 コヒーレントOTDR装置の構成と特性 / p35 (0022.jp2)
  13. 2.6 まとめ / p39 (0024.jp2)
  14. 付録2.1 OTDRの測定可能範囲 / p40 (0025.jp2)
  15. 第3章 FSK-ASK方式による光サージ回避および測定域拡大 / p43 (0026.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p43 (0026.jp2)
  17. 3.2 FSK-ASK方式の原理 / p44 (0027.jp2)
  18. 3.3 FSK-ASK変調パルスの伝搬特性 / p49 (0029.jp2)
  19. 3.4 ダミー光の影響 / p52 (0031.jp2)
  20. 3.5 障害探査実験 / p56 (0033.jp2)
  21. 3.6 まとめ / p63 (0036.jp2)
  22. 付録3.1 EDFAの過渡応答性 / p64 (0037.jp2)
  23. 第4章 多値FSK変調方式による測定時間の短縮 / p71 (0040.jp2)
  24. 4.1 まえがき / p71 (0040.jp2)
  25. 4.2 多値FSK方式を用いた探査技術の原理 / p73 (0041.jp2)
  26. 4.3 障害探査実験 / p79 (0044.jp2)
  27. 4.4 長スパン系への適用性の検討 / p83 (0046.jp2)
  28. 4.5 まとめ / p88 (0049.jp2)
  29. 付録4.1 加算平均による信号対雑音比の改善 / p89 (0049.jp2)
  30. 第5章 海底光増幅中継システム障害探査技術の設計と商用伝送路への適用結果 / p93 (0051.jp2)
  31. 5.1 まえがき / p93 (0051.jp2)
  32. 5.2 障害探査技術の設計 / p94 (0052.jp2)
  33. 5.3 FSA海底光増幅中継システムの概要 / p100 (0055.jp2)
  34. 5.4 九州-沖縄間商用伝送路への適用結果 / p103 (0056.jp2)
  35. 5.5 まとめ / p107 (0058.jp2)
  36. 第6章 結論 / p109 (0059.jp2)
  37. 謝辞 / p112 (0061.jp2)
  38. 参考文献 / p113 (0061.jp2)
  39. 本研究に関連する発表 / p123 (0066.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154116
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093126
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318430
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ