【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

全身性エリテマトーデス患者の腎炎発症機序に関する分子生物学的研究

この論文をさがす

著者

    • 原田, 達広 ハラダ, タツヒロ

書誌事項

タイトル

全身性エリテマトーデス患者の腎炎発症機序に関する分子生物学的研究

著者名

原田, 達広

著者別名

ハラダ, タツヒロ

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第222号

学位授与年月日

1997-06-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 緒論 / p1 (0007.jp2)
  2. 第1章 全身性エリテマトーデス(SLE)患者の腎炎発症における陽性荷電抗DNA抗体の関与 / p4 (0010.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p4 (0010.jp2)
  4. 第2節 実験方法 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.患者の選択 / p4 (0010.jp2)
  6. 2.SLE患者血清中の抗体価の定量 / p5 (0011.jp2)
  7. 3.SLE患者血清中の抗DNA抗体の精製 / p5 (0011.jp2)
  8. 4.電気泳動 / p6 (0012.jp2)
  9. 第3節 実験結果 / p6 (0012.jp2)
  10. 1.陽性荷電抗DNA抗体の特異性 / p6 (0012.jp2)
  11. 2.SLE患者の抗DNA抗体の等電点 / p9 (0015.jp2)
  12. 3.ヒト陽性荷電抗DNA抗体のヘパラン硫酸に対する反応性 / p13 (0019.jp2)
  13. 第4節 考察 / p14 (0020.jp2)
  14. 第2章 固相化多価アニオン・デキストラン硫酸による陽性荷電抗DNA抗体の選択的吸着 / p16 (0022.jp2)
  15. 第1節 緒言 / p16 (0022.jp2)
  16. 第2節 実験方法 / p16 (0022.jp2)
  17. 1.対象患者 / p16 (0022.jp2)
  18. 2.デキストラン硫酸固相化セルロースゲル / p16 (0022.jp2)
  19. 3.タンパク定量 / p17 (0023.jp2)
  20. 4.各種抗体の定量 / p17 (0023.jp2)
  21. 5.患者血清からの抗DNA抗体の精製 / p17 (0023.jp2)
  22. 6.抗DNA抗体の電気泳動 / p17 (0023.jp2)
  23. 7.等電点電気泳動ゲルからの抗DNA抗体の溶出 / p17 (0023.jp2)
  24. 第3節 実験結果 / p17 (0023.jp2)
  25. 1.血清抗DNA抗体のグリコサミノグリカンに対する交差反応 / p17 (0023.jp2)
  26. 2.ループス腎炎患者抗DNA抗体のデキストラン硫酸固相化セルロースゲルに対する反応性と選択性 / p19 (0025.jp2)
  27. 3.ループス腎炎患者の陽性荷電抗DNA抗体のデキストラン硫酸固相化セルロースゲルによる選択的吸着 / p21 (0027.jp2)
  28. 第4節 考察 / p22 (0028.jp2)
  29. 第3章 陽性荷電抗DNA抗体をコードする免疫グロブリン軽鎖可変領域遺伝子 / p25 (0031.jp2)
  30. 第1節 緒言 / p25 (0031.jp2)
  31. 第2節 実験方法 / p28 (0034.jp2)
  32. 1.患者の選択 / p28 (0034.jp2)
  33. 2.アミノ酸配列の解析 / p28 (0034.jp2)
  34. 3.プライマーとプローブ / p28 (0034.jp2)
  35. 4.陽性荷電抗DNA抗体軽鎖cDNAのクローニング / p31 (0037.jp2)
  36. 5.患者好中球からの胚細胞型[化学式]遺伝子の単離 / p32 (0038.jp2)
  37. 6.抗DNA抗体産生B細胞の分離 / p33 (0039.jp2)
  38. 第3節 実験結果 / p33 (0039.jp2)
  39. 1.陽性荷電の抗DNA抗体軽鎖cDNA(SC17)とその胚細胞型[化学式]遺伝子(SG3) / p33 (0039.jp2)
  40. 2.患者S由来DNA結合B細胞における陽性荷電抗DNA抗体軽鎖(SC17)mRNAの発現 / p36 (0042.jp2)
  41. 3.SC17mRNA発現とループス腎炎 / p37 (0043.jp2)
  42. 第4節 考察 / p37 (0043.jp2)
  43. 第4章 陽性荷電抗DNA抗体軽鎖をコードする胚細胞型遺伝子の解析とSLE患者での自己抗体産生におけるreceptor editingの役割 / p43 (0049.jp2)
  44. 第1節 緒言 / p43 (0049.jp2)
  45. 第2節 実験方法 / p46 (0052.jp2)
  46. 1.患者の選択 / p46 (0052.jp2)
  47. 2.ヒト胚細胞DNA、B細胞DNAの調製 / p46 (0052.jp2)
  48. 3.重篤なループス腎炎患者好中球ゲノム(胚細胞DNA)からのコスミドライブラリーの構築 / p46 (0052.jp2)
  49. 4.制限酵素地図 / p47 (0053.jp2)
  50. 5.コンピューターによる塩基配列比較 / p47 (0053.jp2)
  51. 6.プライマーとプローブ / p47 (0053.jp2)
  52. 7.健常人ゲノムからのA30遺伝子座の単離 / p50 (0056.jp2)
  53. 8.PCRによるA30遺伝子座変異の検出 / p50 (0056.jp2)
  54. 9.ヒトゲノムDNAのロングPCR / p50 (0056.jp2)
  55. 第3節 実験結果 / p51 (0057.jp2)
  56. 1.コスミドクローンの単離とその制限酵素地図 / p51 (0057.jp2)
  57. 2.ループス腎炎患者および健常人でのA30遺伝子座の塩基配列 / p51 (0057.jp2)
  58. 3.患者ゲノムでのA30遺伝子座の多型 / p53 (0059.jp2)
  59. 4.ロングPCRでみられる腎炎陰性SLE患者ゲノムの免疫グロブリン[化学式]遺伝子の欠損 / p55 (0061.jp2)
  60. 5.SLE患者および健常人のB細胞における自己反応性免疫グロブリンレセプターのreceptor editing / p56 (0062.jp2)
  61. 6.健常人B細胞ゲノムで排除されたA30遺伝子再構成産物 / p58 (0064.jp2)
  62. 第4節 考察 / p60 (0066.jp2)
  63. 総括と結語 / p63 (0069.jp2)
  64. 謝辞 / p66 (0072.jp2)
  65. 参考文献 / p67 (0073.jp2)
  66. Purification and Properties of Multiple Forms of Dihydrodiol Dehydrogenase from Monkey Liver / p2852 (0111.jp2)
  67. Isolation from pig lens of two proteins with dihydrodiol dehydrogenase and aldehyde reductase activities / p403 (0113.jp2)
  68. Distribution and characterization of dihydrodiol dehydrogenases in mammalian ocular tissues / p113 (0117.jp2)
  69. Fine antigen specificity of human γδ T cell lines (Vγ9⁺)established by repetitive stimulation with a serotype(KTH-1)of a gram-positive bacterium,Streptococcus sanguis / p1536 (0122.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154195
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093205
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318509
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ