【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

流通システム論

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 茂 ササキ, シゲル

書誌事項

タイトル

流通システム論

著者名

佐々木, 茂

著者別名

ササキ, シゲル

学位授与大学

明治大学

取得学位

博士 (商学)

学位授与番号

乙第269号

学位授与年月日

1998-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. [目次] / p1 (0004.jp2)
  2. 序章 / p1 (0016.jp2)
  3. 第I編 理論と実証から得られた課題 / p8 (0023.jp2)
  4. 第1章 競争環境の変化と流通変革の歴史 / p8 (0023.jp2)
  5. 第1節 流通における競争概念の整理 / p8 (0023.jp2)
  6. 第2節 チャネル内の競争構造の変化 / p13 (0028.jp2)
  7. 第3節 流通変革史(昭和20年代~現代に至る小売業の歴史) / p17 (0032.jp2)
  8. 第4節 小売業のイノベーション阻害要囚 / p22 (0037.jp2)
  9. 第5節 小売業のイノベーション / p26 (0041.jp2)
  10. アペンディクス 事例研究1-ジャスコの提携から合併までの経緯 / p33 (0048.jp2)
  11. アペンディクス 事例研究2-流通トップ企業の成長要囚についての調査 / p43 (0058.jp2)
  12. 第2章 チャネル論に関する従来の研究と課題 / p55 (0070.jp2)
  13. 第1節 チャネル論の総括 / p55 (0070.jp2)
  14. 第2節 製造業から見たチャネル論…チャネル支配論 / p65 (0080.jp2)
  15. アペンディクス1-製造業のCSを支援する情報システムと物流システムの関係 / p69 (0084.jp2)
  16. 第3節 卸売業から見たチャネル論 / p70 (0085.jp2)
  17. アペンディクス2-卸売業のマーケティングの実態-情報化とリティル・サポート・システムの事例 / p82 (0097.jp2)
  18. 第4節 小売業から見たチャネル論 / p85 (0100.jp2)
  19. アペンディクス3-流通業の事例研究-7-eleven / p88 (0103.jp2)
  20. 第5節 チャネル・リーダーシップとコントロールのフレームワーク / p88 (0103.jp2)
  21. 第6節 組織間関係としてのチャネル・パワー理論の質的変容 / p94 (0109.jp2)
  22. 第3章 コンフリクトーコンフリクトの次元別の形態 / p104 (0119.jp2)
  23. 第1節 コンフリクトについての一般的理解 / p104 (0119.jp2)
  24. 第2節 組織外部とのコンフリクトとしてのチャネル・コンフリクト / p107 (0122.jp2)
  25. 第3節 わが国におけるマーケティングの変化 / p120 (0135.jp2)
  26. 第4節 協調的コンフリクト生成のための消費者満足 / p122 (0137.jp2)
  27. 第5節 流通システムの分類 / p132 (0147.jp2)
  28. 第II編 リレーションシップ・マーケティングのフレームワーク / p138 (0153.jp2)
  29. 第4章 マーケティング・パラダイムの変化 / p138 (0153.jp2)
  30. 第1節 マーケティングの捉え方の変化 / p139 (0154.jp2)
  31. 第2節 マーケティング・パラダイムの変化 / p140 (0155.jp2)
  32. 第3節 マーケティングの役割の変化 / p141 (0156.jp2)
  33. 第4節 リレーションシップ・マーケティングにおける連鎖の考え方 / p147 (0162.jp2)
  34. 第5節 流通システムの仮説的モデル / p158 (0173.jp2)
  35. 第5章 リレーションシップ・マーケティングの目的 / p165 (0180.jp2)
  36. 第1節 消費者サービスの充実 / p165 (0180.jp2)
  37. 第2節 パートナー志向[満足] / p169 (0184.jp2)
  38. 第3節 個客志向[満足] / p172 (0187.jp2)
  39. 第4節 従業員志向[満足] / p174 (0189.jp2)
  40. 第6章 リレーションシップ・マーケティングの定義 / p176 (0191.jp2)
  41. 第1節 価値の共有 / p177 (0192.jp2)
  42. 第2節 協働 / p179 (0194.jp2)
  43. 第3節 信頼 / p182 (0197.jp2)
  44. 第4節 システム / p183 (0198.jp2)
  45. 第7章 従業員の職務満足度向上に関する背景 / p196 (0211.jp2)
  46. 第1節 消費者満足追求と従業員満足の関係に関するこれまでの研究 / p196 (0211.jp2)
  47. 第2節 インターナル・マーケティングに関する諸説の整理 / p197 (0212.jp2)
  48. 第3節 インターナル・マーケティングの基本 / p211 (0226.jp2)
  49. 第8章 従業員満足の影響要因に関する実証研究-消費者満足度の向上を考慮した従業員の職務満足度向上の影響要因の測定- / p215 (0230.jp2)
  50. 第1節 実態調査…従業員意識調査結果 / p215 (0230.jp2)
  51. 第2節 実態調査から得られた示唆としてのチームワークの必要性 / p232 (0247.jp2)
  52. 第3節 調査から得られた示唆 / p232 (0247.jp2)
  53. 第9章 顧客(消費者)に対する考え方-標的顧客(消費者)とパートナー / p235 (0250.jp2)
  54. 第1節 消費者の識別 / p235 (0250.jp2)
  55. 第2節 愛顧消費者 / p237 (0252.jp2)
  56. 第3節 協力的な供給業者あるいは流通業者 / p243 (0258.jp2)
  57. 第4節 ビジョンを共有できるパートナー / p244 (0259.jp2)
  58. 第5節 パートナー間の満足度を高めるサード・パーティ・ロジスティクスという考え方 / p244 (0259.jp2)
  59. 第10章 リレーションシップ・マーケティングに基づいた流通システム / p249 (0264.jp2)
  60. 第1節 システムとしての流通 / p249 (0264.jp2)
  61. 第2節 企業間システムにおける満足とは / p254 (0269.jp2)
  62. 第3節 外部組織との間でCSのためのチームワークを形成 / p257 (0272.jp2)
  63. 第4節 組織間学習による知識創造学習 / p260 (0275.jp2)
  64. アペンディクス1 事例研究-システム・オルガナイザー;ジャスコと花王の提携関係に見るネットワーク組織化による変革 / p261 (0276.jp2)
  65. アペンディクス2 北米企業 / p262 (0277.jp2)
  66. アペンディクス3 アジア(主として、香港)企業 / p266 (0281.jp2)
  67. 第III編 リレーションシップ・マーケティング戦略 / p276 (0291.jp2)
  68. 第11章 インターナル・マーケティング / p276 (0291.jp2)
  69. 第1節 背景 / p276 (0291.jp2)
  70. 第2節 マーケティングとインターナル・マーケティングの関係について / p278 (0293.jp2)
  71. 第3節 「インターナル・マーケティング」の考え方 / p279 (0294.jp2)
  72. 第4節 インターナル・マーケティングの全体像 / p280 (0295.jp2)
  73. 第5節 各構成要素の内容 / p286 (0301.jp2)
  74. 第12章 消費者とのリレーションシップの構築のための戦略ミックス-コミュニケーション、製品開発、価格 / p305 (0320.jp2)
  75. 第1節 ワン・トウ・ワン・マーケティングの考え方 / p305 (0320.jp2)
  76. 第2節 消費者とのインタラクション / p307 (0322.jp2)
  77. 第3節 インタラクティブ・コミュニケーション戦略 / p313 (0328.jp2)
  78. 第4節 協働製品開発戦略 / p322 (0337.jp2)
  79. 第5節 価格戦略…価値の創造 / p324 (0339.jp2)
  80. アペンディクス 協働化による製品開発の事例として / p333 (0348.jp2)
  81. 第13章 流通システムの形成-ロジスティクスの視点を取り入れて- / p341 (0356.jp2)
  82. 第1節 ロジスティクス・システム分野でのイノベーション / p341 (0356.jp2)
  83. 第2節 流通におけるリレーションシップ / p341 (0356.jp2)
  84. 第3節 サード・パーティ・ロジスティクスについて / p351 (0366.jp2)
  85. 第4節 コントロールからオルガナイズへ / p353 (0368.jp2)
  86. アペンディクス1-事例研究-フェデラル・エクスプレス / p356 (0371.jp2)
  87. アペンディクス2-事例研究-ヨーロッパにおけるサード・パーティ・ロジスティクスの実態 / p360 (0375.jp2)
  88. 第IV編 新たな流通システムの形成を目指して / p367 (0382.jp2)
  89. 第14章 リレーションシップ・マーケティングと社会志向性-ソシエタル・マーケティング / p367 (0382.jp2)
  90. 第1節 マーケティングから見た社会システム / p367 (0382.jp2)
  91. 第2節 社会的満足の2類型 / p368 (0383.jp2)
  92. 第3節 社会システムとの関わり / p370 (0385.jp2)
  93. 第4節 消費構造の革新 / p371 (0386.jp2)
  94. 第5節 社会志向性を考えたマーケティング / p372 (0387.jp2)
  95. 第6節 企業に求められる商人道の姿勢 / p373 (0388.jp2)
  96. 第7節 マーケティングの社会志向性 / p375 (0390.jp2)
  97. 第15章 流通システム論のフレームワーク / p385 (0400.jp2)
  98. 第1節 流通システム論の概念枠組み / p385 (0400.jp2)
  99. 第2節 流通システム論における各システムの目標と基盤 / p388 (0403.jp2)
  100. 第3節 流通システム論における役割分担についての試案 / p389 (0404.jp2)
  101. 第4節 流通システムにおける社会志向性を実現するための考え方-LCAを活用して / p391 (0406.jp2)
  102. アペンディクス LCAの実例 / p393 (0408.jp2)
  103. 第5節 LCAを発展させるビジネスとしての捉え方…市場開拓とリエンジニアリング / p399 (0414.jp2)
  104. 第6節 環境先進国ドイツの取り組み / p401 (0416.jp2)
  105. 第7節 総括 / p404 (0419.jp2)
  106. 終章 流通システム論の総括と今後の研究課題 / p406 (0421.jp2)
  107. はじめに / p406 (0421.jp2)
  108. 第1節 流通システム論の概念 / p406 (0421.jp2)
  109. 第2節 市場環境の変容 / p407 (0422.jp2)
  110. 第3節 今後の発展の方向性について / p408 (0423.jp2)
  111. 文献リスト / p410 (0425.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154211
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093221
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318525
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ