【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

大阪平野とその周辺地域における河川環境と人間活動に関する総合的研究

この論文をさがす

著者

    • 藤岡, 達也 フジオカ, タツヤ

書誌事項

タイトル

大阪平野とその周辺地域における河川環境と人間活動に関する総合的研究

著者名

藤岡, 達也

著者別名

フジオカ, タツヤ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第505号

学位授与年月日

1998-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0005.jp2)
  2. 序文 / (0004.jp2)
  3. 第1章 問題の所在及び研究方法 / p7 (0008.jp2)
  4. 第1節 河川環境と人間活動 / p7 (0008.jp2)
  5. 第2節 既往の河川研究との関連 / p9 (0010.jp2)
  6. 第3節 研究方法 / p10 (0011.jp2)
  7. 第4節 研究対象地域と内容構成 / p12 (0013.jp2)
  8. 注と文献 / p16 (0017.jp2)
  9. 第2章 河川環境と人間活動 / p18 (0019.jp2)
  10. 第1節 研究対象地域の自然地理学的・地質学的環境 / p18 (0019.jp2)
  11. (1)気候・水系の特質 / p18 (0019.jp2)
  12. (2)地質・地形の特質 / p18 (0019.jp2)
  13. (3)現在の地殻変動 / p20 (0020.jp2)
  14. 第2節 河川堆積物からみた後背地との関係 / p19 (0020.jp2)
  15. (1)河川堆積物 / p19 (0020.jp2)
  16. (2)後背地の風化・侵食 / p21 (0022.jp2)
  17. (3)石材としての河川堆積物 / p21 (0022.jp2)
  18. 第3節 現在の河川環境 / p25 (0026.jp2)
  19. (1)上流域での問題 / p25 (0026.jp2)
  20. (2)上流域での災害 / p25 (0026.jp2)
  21. (3)下流域での問題 / p28 (0029.jp2)
  22. (4)下流域での災害 / p29 (0030.jp2)
  23. 第4節 上流・下流を一体とした治水思想 / p31 (0032.jp2)
  24. (1)明治の治山・治水技術導入とデレーケ / p31 (0032.jp2)
  25. (2)デレーケヘの調査とその位置づけ / p32 (0033.jp2)
  26. 注と文献 / p41 (0042.jp2)
  27. 第3章 沖積平野における生活活動域の形成 / p47 (0048.jp2)
  28. 第1節 河内平野の発達と人間活動 / p47 (0048.jp2)
  29. (1)沖積平野の古環境復原 / p47 (0048.jp2)
  30. (2)河内平野南部の弥生期以降の古環境 / p48 (0049.jp2)
  31. 第2節 旧長瀬川・旧楠根川周辺の古環境と人間生活 / p56 (0059.jp2)
  32. (1)小阪合遺跡の河川堆積物と堆積環境 / p58 (0059.jp2)
  33. (2)旧楠根川をめぐる古環境と人間活動 / p61 (0062.jp2)
  34. 第3節 旧玉串川周辺の古環境と人間生活 / p65 (0066.jp2)
  35. (1)大竹西遺跡の河川堆積物と堆積環境 / p65 (0066.jp2)
  36. (2)河川環境の変遷と人間生活の変化 / p69 (0070.jp2)
  37. 第4節 河内平野の河川環境の変化と人間活動 / p72 (0073.jp2)
  38. (1)河内平野の他の遺跡との関係 / p72 (0073.jp2)
  39. (2)旧長瀬川・旧玉串川近辺の河川環境と人間活動 / p74 (0075.jp2)
  40. 注と文献 / p76 (0077.jp2)
  41. 第4章 治水と河川環境 / p80 (0081.jp2)
  42. 第1節 河内平野の治水の歴史的概観 / p80 (0081.jp2)
  43. (1)近代以前の治水 / p80 (0081.jp2)
  44. (2)近代の水害と治水 / p81 (0082.jp2)
  45. 第2節 古代・中世における河川流路変更と固定 / p83 (0084.jp2)
  46. (1)旧楠根川の衰退 / p83 (0084.jp2)
  47. (2)旧長瀬川の発達と治水への取り組み / p83 (0084.jp2)
  48. 第3節 大和川の付け替え / p84 (0085.jp2)
  49. (1)付け替え以前の水害と干害 / p84 (0085.jp2)
  50. (2)付け替え反対派の主張 / p88 (0089.jp2)
  51. (3)付け替え以後の状況とその後の課題 / p90 (0091.jp2)
  52. 注と文献 / p103 (0104.jp2)
  53. 第5章 河川環境の連続性と都市化 / p106 (0107.jp2)
  54. 第1節 大東水害 / p106 (0107.jp2)
  55. (1)旧深野池をめぐる河川環境 / p106 (0107.jp2)
  56. (2)1972年大東水害の状況 / p106 (0107.jp2)
  57. (3)浸水地域の旧地形 / p108 (0109.jp2)
  58. (4)人間活動による影響 / p111 (0112.jp2)
  59. 第2節 訴訟地域の水害原因 / p116 (0117.jp2)
  60. (1)大東水害訴訟 / p118 (0119.jp2)
  61. (2)訴訟地域における浸水と都市化 / p119 (0120.jp2)
  62. (3)大東水害訴訟の残した課題 / p125 (0126.jp2)
  63. 注と文献 / p129 (0130.jp2)
  64. 第6章 現代における河川環境についての視座 / p131 (0132.jp2)
  65. 第1節 現在の河内平野の治水 / p131 (0132.jp2)
  66. (1)遊水地としての治水緑地と調節池 / p131 (0132.jp2)
  67. (2)地下放水路の建設 / p134 (0135.jp2)
  68. (3)大和川と高規格堤防 / p135 (0136.jp2)
  69. 第2節 現代の河川環境への視座 / p135 (0136.jp2)
  70. (1)自然条件及び治水の連続性 / p135 (0136.jp2)
  71. (2)多自然型工法の導入の意義と限界 / p142 (0143.jp2)
  72. (3)今後の河川改修・ 整備の課題 / p143 (0144.jp2)
  73. 注と文献 / p147 (0148.jp2)
  74. 第7章 結論 / p149 (0150.jp2)
  75. 第1節 まとめ / p149 (0150.jp2)
  76. 第2節 考察 / p151 (0152.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154352
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093355
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318666
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ