【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Use of multivariate analysis of relationships between cellular structural components of gynecologic-origin cultured cells to determine normalcy, malignancy, and original tissue type 婦人科組織由来培養細胞の正常、悪性、および由来組織の判別に関わる細胞構築成分の多変量解析

この論文をさがす

著者

    • 鶴長, 建充 ツルナガ, タケミチ

書誌事項

タイトル

Use of multivariate analysis of relationships between cellular structural components of gynecologic-origin cultured cells to determine normalcy, malignancy, and original tissue type

タイトル別名

婦人科組織由来培養細胞の正常、悪性、および由来組織の判別に関わる細胞構築成分の多変量解析

著者名

鶴長, 建充

著者別名

ツルナガ, タケミチ

学位授与大学

大阪医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第782号

学位授与年月日

1997-11-26

注記・抄録

博士論文

授与名簿のタイトル: Multivariate analysis of relationships between cellular structural components of cultured cells derived from gynecologic organs to determine normalcy or malignancy, and original tissue type

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154472
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093469
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318786
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ