【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ベニタケ科担子菌の化学分類学的研究

この論文をさがす

著者

    • 古旗, 賢二 コバタ, ケンジ

書誌事項

タイトル

ベニタケ科担子菌の化学分類学的研究

著者名

古旗, 賢二

著者別名

コバタ, ケンジ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第34号

学位授与年月日

1995-03-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. I 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. II 本論 / p5 (0011.jp2)
  5. 第一章 べ二夕ケ科担子菌子実体から化学成分の単離及び構造について / p5 (0011.jp2)
  6. 第一節 チチタケ(Lactarius volemus(FR.)FR.)の化学成分 / p6 (0012.jp2)
  7. 1)Compound I-1,-2及び-3の抽出及び単離 / p7 (0012.jp2)
  8. 2)Compound I-1(ergosterolperoxide)の構造 / p8 (0013.jp2)
  9. 3)Compound I-2(volemolide)の構造 / p9 (0013.jp2)
  10. 4)Compound I-2の誘導体合成による構造確認 / p12 (0015.jp2)
  11. 5)Compound I-3(ergosterol)の構造 / p21 (0019.jp2)
  12. 第二節 ケシロハツタケ(Lactarius vellereus(FR.)FR.)の化学成分 / p22 (0020.jp2)
  13. 1)Compound II-4,-5,-6及び-7の抽出及び単離 / p23 (0020.jp2)
  14. 2)Compound II-4(furanalcohol)の構造 / p24 (0021.jp2)
  15. 3)Compound II-5(pyrovellerolactone)の構造 / p25 (0021.jp2)
  16. 4)Compound II-6(methoxyfuranalcohol)の構造 / p26 (0022.jp2)
  17. 5)Compound II-7(furandiol)の構造 / p27 (0022.jp2)
  18. 第三節 ヌメリアカチチタケ(Lactarius hysginus(FR.)FR.)の化学成分 / p28 (0023.jp2)
  19. 1)Compound III-1,-4,-6,-8及び-9の抽出及び単離 / p29 (0023.jp2)
  20. 2)Compound III-1,-4及び-6の構造 / p30 (0024.jp2)
  21. 3)Compound III-8(methyl 6-oxooctadecanoate)の構造 / p30 (0024.jp2)
  22. 4)Compound III-9(lactarorufin A)の構造 / p31 (0024.jp2)
  23. 第四節 シロハツタケ(Russula delica FR.)の化学成分 / p32 (0025.jp2)
  24. 1)Compound IV-1及び-10の抽出及び単離 / p32 (0025.jp2)
  25. 2)Compound IV-1(ergosterolperoxide)の構造 / p33 (0025.jp2)
  26. 3)Compound IV-10(13-hydroxymarasm-7(8)-ene-5-oicacid γ-lactone)の構造 / p34 (0026.jp2)
  27. 第五節 アカカバイロタケ(Russula compaeta FROST et PECK)の化学成分 / p35 (0026.jp2)
  28. 1)Compound V-1,-2,-11及び-12の抽出及び単離 / p35 (0026.jp2)
  29. 2)Compound V-1及び-2の構造 / p36 (0027.jp2)
  30. 3)Compound V-11(ergosta-4,6,8(14),22-tetraen-3-one)の構造 / p36 (0027.jp2)
  31. 4)Compound V-12(9,11-dehydroergosterolperoxide)の構造 / p37 (0027.jp2)
  32. 第六節 クロハツタケ(Russula nigricans(BULL.FR.)の化学成分 / p38 (0028.jp2)
  33. 1)Compound VI-1,-3,-11,-13,-14,-15,-16,-17及び-18の抽出及び単離 / p39 (0028.jp2)
  34. 2)Compound VI-1,-3及び-11の構造 / p40 (0029.jp2)
  35. 3)Compound VI-13(methyl indol-3-acetate)の構造 / p41 (0029.jp2)
  36. 4)Compound VI-14(3-O-methyllactarolide A)の構造 / p41 (0029.jp2)
  37. 5)Compound VI-15(3-O-methyllactarolide B)の構造 / p43 (0030.jp2)
  38. 6)Compound VI-16(ergosta-5,22-dien-3β,7,8-triol)の構造 / p44 (0031.jp2)
  39. 7)Compound VI-17(lactarolide B)の構造 / p45 (0031.jp2)
  40. 8)Compound VI-18(ergosta-3β,5α,9α-trihydroxy-7,22-dien-6-one)の構造 / p46 (0032.jp2)
  41. 第七節 クサハツタケ(Russula foetens PERS.:FR.)の化学成分 / p47 (0032.jp2)
  42. 1)Compound VII-3,-4,-6,-7,-10,-19及び-20の抽出及び単離 / p48 (0033.jp2)
  43. 2)Compound VII-3,-4,-6,-7及び-10の構造 / p49 (0033.jp2)
  44. 3)Compound VII-19(5-O-methyllactadial)の構造 / p49 (0033.jp2)
  45. 4)Compound VII-20(6-methoxycerevisterol)の構造 / p50 (0034.jp2)
  46. 第八節 ヂギレハツタケ(Russula vesca FR.)の化学成分 / p51 (0034.jp2)
  47. 1)Compound VIII-1,-2,-3及び-12の抽出及び単離 / p52 (0035.jp2)
  48. 2)Compound VIII-1,-2,-3及び-12の構造 / p53 (0035.jp2)
  49. 第九節 ドクベニタケ(Russula emetica(SCHAEFF.:FR.)PERS.:S.F.GRAY)の化学成分 / p53 (0035.jp2)
  50. 1)Compound IX-6,-7,-9及び-21の抽出及び単離 / p54 (0036.jp2)
  51. 2)Compound IX-6,-7及び-9の構造 / p55 (0036.jp2)
  52. 3)Compound IX-21(7β,13β-epoxy-3α-methoxy-8α-hydroxylactaran 5,13-lactone)の構造 / p55 (0036.jp2)
  53. 4)Compound IX-21の誘導体合成による構造確認 / p57 (0037.jp2)
  54. 第二章 べ二タケ科担子菌子実値に含まれるステロールのHPLCによる分析 / p61 (0039.jp2)
  55. 第一節 ステロールの測定条件及びサンプル調製法の検討 / p62 (0040.jp2)
  56. 1)ステロールのHPLC測定条件の検討 / p63 (0040.jp2)
  57. 2)HPLC用サンプル調製法の検討 / p65 (0041.jp2)
  58. 第二節 ステロールの定量について / p69 (0043.jp2)
  59. 1)ステロールの含有量とHPLCエリア値との関連 / p69 (0043.jp2)
  60. 2)サンプルの抽出期間の検討 / p71 (0044.jp2)
  61. III 結論及び考察 / p73 (0045.jp2)
  62. IV 実験の部 / p81 (0049.jp2)
  63. 第一章 べ二タケ科担子菌子実体から化学成分の単離に関する実験 / p81 (0049.jp2)
  64. 第一節 チチタケ(Lactarius volemus(FR.)FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p82 (0050.jp2)
  65. 1)化学成分の抽出及び分画 / p82 (0050.jp2)
  66. 2)Compound I-1の単離 / p82 (0050.jp2)
  67. 3)Compound I-2の単離 / p84 (0051.jp2)
  68. 4)Compound I-3の単離 / p85 (0051.jp2)
  69. 5)Compound I-2の構造に関する実験 / p86 (0052.jp2)
  70. 第二節 ケシロハツタケ(Lactarius vellereus(FR.)FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p93 (0055.jp2)
  71. 1)化学成分の抽出及び分画 / p93 (0055.jp2)
  72. 2)Compound II-4の単離 / p94 (0056.jp2)
  73. 3)Compound II-5の単離 / p95 (0056.jp2)
  74. 4)Compound II-6の単離 / p96 (0057.jp2)
  75. 5)Compound II-7の単離 / p97 (0057.jp2)
  76. 第三節 ヌメリアカチチタケ(Lactarius hysginus(FR.)FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p98 (0058.jp2)
  77. 1)化学成分の抽出及び分画 / p98 (0058.jp2)
  78. 2)Compound III-1,-6及び-9の単離 / p99 (0058.jp2)
  79. 3)Compound III-4及び-8の単離 / p100 (0059.jp2)
  80. 第四節 シロハツタケ(Russula delica FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p101 (0059.jp2)
  81. 1)化学成分の抽出及び分画 / p101 (0059.jp2)
  82. 2)Compound IV-10の単離 / p102 (0060.jp2)
  83. 3)Compound IV-1の単離 / p104 (0061.jp2)
  84. 第五節 アカカバイロタケ(Russula compacta FROST et PECK)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p105 (0061.jp2)
  85. 1)化学成分の抽出及び分画 / p105 (0061.jp2)
  86. 2)Compound V-1の単離 / p105 (0061.jp2)
  87. 3)Compound V-2の単離 / p106 (0062.jp2)
  88. 4)Compound V-11の単離 / p107 (0062.jp2)
  89. 5)Compound V-12の単離 / p107 (0062.jp2)
  90. 第六節 クロハツタケ(Russula nigricans(BULL.)FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p108 (0063.jp2)
  91. 1)化学成分の抽出及び分画 / p108 (0063.jp2)
  92. 2)Compound VI-11及び-13の単離 / p108 (0063.jp2)
  93. 3)methyl indol-3-acetateの合成 / p111 (0064.jp2)
  94. 4)Compound VI-3の単離 / p111 (0064.jp2)
  95. 5)Compound VI-1の単離 / p112 (0065.jp2)
  96. 6)Compound VI-14の単離 / p113 (0065.jp2)
  97. 7)Compound VI-15及び-16の単離 / p114 (0066.jp2)
  98. 8)Compound VI-17及び-18の単離 / p117 (0067.jp2)
  99. 第七節 クサハツタケ(Russula foetens PERS.:FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p118 (0068.jp2)
  100. 1)化学成分の抽出及び分画 / p118 (0068.jp2)
  101. 2)Compound VII-10の単離 / p119 (0068.jp2)
  102. 3)Compound VII-4及び-19の単離 / p120 (0069.jp2)
  103. 4)Compound VII-3及び6の単離 / p121 (0069.jp2)
  104. 5)Compound VII-7の単離 / p122 (0070.jp2)
  105. 6)Compound VII-20の単離 / p123 (0070.jp2)
  106. 第八節 チギレハツタケ(Russula vesca FR.)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p125 (0071.jp2)
  107. 1)化学成分の抽出及び分画 / p125 (0071.jp2)
  108. 2)Compound VIII-1の単離 / p125 (0071.jp2)
  109. 3)Compound VIII-2の単離 / p126 (0072.jp2)
  110. 4)Compound VIII-12の単離 / p127 (0072.jp2)
  111. 5)Compound VIII-3の単離 / p127 (0072.jp2)
  112. 第九節 ドクベニタケ(Russula emetica(SCHAEFF.:FR.)PERS.:S.F.GRAY)の化学成分の抽出及び単離に関する実験 / p128 (0073.jp2)
  113. 1)化学成分の抽出及び分画 / p128 (0073.jp2)
  114. 2)Compound IX-6の単離 / p128 (0073.jp2)
  115. 3)Compound IX-21の単離 / p130 (0074.jp2)
  116. 4)Compound IX-7の単離 / p131 (0074.jp2)
  117. 5)Compound IX-9の単離 / p132 (0075.jp2)
  118. 6)Compound IX-21の構造に関する実験 / p133 (0075.jp2)
  119. 第二章 べ二タケ科担子菌子実値に含まれるステロールのHPLC分析に関する実験 / p138 (0078.jp2)
  120. 第一節 ステロールの測定条件及びサンプル調製法の検討に関する実験 / p139 (0078.jp2)
  121. 1)ステロールのHPLC測定条件に関する実験 / p139 (0078.jp2)
  122. 2)HPLC用サンプル調製法に関する実験 / p140 (0079.jp2)
  123. 第二節 ステロールの定量に関する実験 / p142 (0080.jp2)
  124. 1)ステロールの含有量とHPLCエリア値との関連 / p142 (0080.jp2)
  125. 2)サンプルの抽出期間の検討に関する実験 / p148 (0083.jp2)
  126. 3)べ二タケ科キノコに含まれるステロールのHPLC分析 / p150 (0084.jp2)
  127. 4)ベニタケ科以外のキノコに含まれるCompound2のHPLC分析 / p152 (0085.jp2)
  128. V 文献 / p153 (0085.jp2)
  129. VI スペクトルデータ(チャート目次) / p158 (0088.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154619
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093595
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318933
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ