【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

成熟雌ハムスターの性腺刺激ホルモン分泌調節機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岸, 久司 キシ, ヒサシ

書誌事項

タイトル

成熟雌ハムスターの性腺刺激ホルモン分泌調節機構に関する研究

著者名

岸, 久司

著者別名

キシ, ヒサシ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (獣医学)

学位授与番号

甲第21号

学位授与年月日

1996-03-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒言 / p1 (0011.jp2)
  4. 1-1.実験動物としてのゴールデンハムスター / p1 (0011.jp2)
  5. 1-2.ハムスターの生殖生理学的な特徴 / p1 (0011.jp2)
  6. 1-3.下垂体性性腺刺激ホルモン / p3 (0013.jp2)
  7. 1-4.性腺刺激ホルモンの分泌調節 / p3 (0013.jp2)
  8. 1-5.インヒビンの発見 / p4 (0014.jp2)
  9. 第2章 共通する実験材料および方法 / p8 (0018.jp2)
  10. 2-1.実験動物 / p8 (0018.jp2)
  11. 2-2.採血および血液の処理 / p8 (0018.jp2)
  12. 2-3.組織の処理 / p8 (0018.jp2)
  13. 2-4.抗血清 / p9 (0019.jp2)
  14. 2-5.ハムスターの性腺刺激ホルモンのRIA / p10 (0020.jp2)
  15. 2-6.血中ステロイドホルモンのRIA / p11 (0021.jp2)
  16. 2-7.統計処理 / p15 (0025.jp2)
  17. 3章 正常発情周期中の下垂体性性腺刺激ホルモンおよび卵巣性ホルモン分泌 / p16 (0026.jp2)
  18. 3-1.実験の背景 / p16 (0026.jp2)
  19. 3-2.実験材料および方法 / p16 (0026.jp2)
  20. 3-3.結果 / p19 (0029.jp2)
  21. 3-4.考察 / p29 (0039.jp2)
  22. 4章 eCG投与による過排卵モデルにおける内因性性腺刺激ホルモンおよび卵巣性ホルモン分泌 / p32 (0042.jp2)
  23. 4-1.実験の背景 / p32 (0042.jp2)
  24. 4-2.実験材料および方法 / p32 (0042.jp2)
  25. 4-3.結果 / p33 (0043.jp2)
  26. 4-4.考察 / p38 (0048.jp2)
  27. 5章 血中インヒビンの免疫学的中和実験 / p41 (0051.jp2)
  28. 5-1.実験の背景 / p41 (0051.jp2)
  29. 5-2.実験材料および方法 / p41 (0051.jp2)
  30. 5-3.結果 / p45 (0055.jp2)
  31. 5-4.考察 / p56 (0066.jp2)
  32. 6章 血中エストラジオールの免疫学的中和実験 / p61 (0071.jp2)
  33. 6-1.実験の背景 / p61 (0071.jp2)
  34. 6-2.実験材料および方法 / p61 (0071.jp2)
  35. 6-3.結果 / p62 (0072.jp2)
  36. 6-4.考察 / p69 (0079.jp2)
  37. 7章 発情周期各時期での卵巣性ホルモンによるFSHおよびLH分泌調節機構 / p73 (0083.jp2)
  38. 7-1.実験の背景 / p73 (0083.jp2)
  39. 7-2.実験材料および方法 / p73 (0083.jp2)
  40. 7-3.結果 / p76 (0086.jp2)
  41. 7-4.考察 / p84 (0094.jp2)
  42. 8章 総括 / p90 (0100.jp2)
  43. 謝辞 / p95 (0105.jp2)
  44. 参考文献 / p96 (0106.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154696
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093660
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000319010
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ