【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ハムスターにおける卵胞の発育及び退行機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大塚, 麻里子 オオツカ, マリコ

書誌事項

タイトル

ハムスターにおける卵胞の発育及び退行機構に関する研究

著者名

大塚, 麻里子

著者別名

オオツカ, マリコ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (獣医学)

学位授与番号

甲第31号

学位授与年月日

1997-03-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒言 / p1 (0008.jp2)
  4. 1-1.ハムスターの実験動物学的および生殖生理学的特徴 / p1 (0008.jp2)
  5. 1-2.卵胞の発育および退行 / p1 (0008.jp2)
  6. 1-3.アポトーシス / p4 (0011.jp2)
  7. 1-4.下垂体性性腺刺激ホルモン作用の2細胞説 / p6 (0013.jp2)
  8. 1-5.インヒビン / p8 (0015.jp2)
  9. 1-6.卵巣ステロイドホルモンの産生 / p9 (0016.jp2)
  10. 1-7.研究の目的 / p12 (0019.jp2)
  11. 第2章 共通する実験材料および方法 / p13 (0020.jp2)
  12. 2-1.実験動物 / p13 (0020.jp2)
  13. 2-2.採血および血液の処理 / p13 (0020.jp2)
  14. 2-3.卵巣および下垂体ホモジネートの作製法 / p13 (0020.jp2)
  15. 2-4.卵巣のパラフィン切片の作製法 / p14 (0021.jp2)
  16. 2-5.免疫組織化学酵素抗体法染色(免疫染色)法 / p14 (0021.jp2)
  17. 2-6.性腺刺激ホルモンのラジオイムノアッセイ(RIA) / p18 (0025.jp2)
  18. 2-7.インヒビンのRIA / p18 (0025.jp2)
  19. 2-8.ステロイドホルモンのRIA / p21 (0028.jp2)
  20. 2-9.統計処理 / p21 (0028.jp2)
  21. 第3章 正常発情周期中の卵胞の発育および退行 / p24 (0031.jp2)
  22. 3-1.実験の背景 / p24 (0031.jp2)
  23. 3-2.実験の材料および方法 / p25 (0032.jp2)
  24. 3-3.結果 / p27 (0034.jp2)
  25. 3-4.考察 / p45 (0052.jp2)
  26. 第4章 下垂体摘出卵胞退行モデルにおける成熟卵胞の退行機序 / p50 (0057.jp2)
  27. 4-1.実験の背景 / p50 (0057.jp2)
  28. 4-2.実験の材料および方法 / p50 (0057.jp2)
  29. 4-3.結果 / p57 (0064.jp2)
  30. 4-4.考察 / p69 (0076.jp2)
  31. 第5章 妊娠期、偽妊娠期および泌乳期における卵胞発育と退行 / p73 (0080.jp2)
  32. 5-1.実験の背景 / p73 (0080.jp2)
  33. 5-2.実験の材料および方法 / p74 (0081.jp2)
  34. 5-3.結果 / p76 (0083.jp2)
  35. 5-4.考察 / p94 (0101.jp2)
  36. 第6章 泌乳期間中のハムスターにおけるLHとFSHのdaily surge出現機構 / p98 (0105.jp2)
  37. 6-1.実験の背景 / p98 (0105.jp2)
  38. 6-2.実験の材料および方法 / p98 (0105.jp2)
  39. 6-3.結果 / p100 (0107.jp2)
  40. 6-4.考察 / p107 (0114.jp2)
  41. 第7章 総括 / p114 (0121.jp2)
  42. 謝辞 / (0124.jp2)
  43. 参考文献 / (0125.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154706
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093668
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000319020
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ