【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

林冠動態モデルを用いた間伐方法の評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 水永, 博己 ミズナガ, ヒロミ

書誌事項

タイトル

林冠動態モデルを用いた間伐方法の評価に関する研究

著者名

水永, 博己

著者別名

ミズナガ, ヒロミ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第7号

学位授与年月日

1996-09-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 これまでの間伐の研究と間伐の意味 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 林冠構造の間伐作業における意味とこれまでの研究 / p2 (0009.jp2)
  6. 1.3 研究の背景と目的 / p3 (0010.jp2)
  7. 第2章 林冠動態モデルの概要 / p5 (0012.jp2)
  8. 2.1 モデルの適用範囲と仮定 / p5 (0012.jp2)
  9. 2.2 モデルに用いる用語の定義 / p6 (0013.jp2)
  10. 2.3 モデルの基本概念と流れ / p7 (0014.jp2)
  11. 第3章 調査対象林と間伐方法 / p13 (0020.jp2)
  12. 3.1 樹冠形態の調査林分とモデル対象林の概況 / p13 (0020.jp2)
  13. 3.2 モデル対象林の間伐方法と測定方法 / p13 (0020.jp2)
  14. 第4章 林冠動態モデルのパラメータとしての樹冠形状と着葉分布及び葉の幹材積生産効率 / p19 (0026.jp2)
  15. 4.1 陽樹冠の形状 / p19 (0026.jp2)
  16. 4.2 陽樹冠下部の枝の形状と成長 / p31 (0038.jp2)
  17. 4.3 樹冠内の葉の分布状態 / p40 (0047.jp2)
  18. 4.4 葉の幹材積生産効率 / p49 (0056.jp2)
  19. 第5章 林冠動態モデルの構築と検証 / p54 (0061.jp2)
  20. 5.1 ねらい / p54 (0061.jp2)
  21. 5.2 モデルの組立て / p54 (0061.jp2)
  22. 5.3 モデルによる推定結果と検証 / p60 (0067.jp2)
  23. 第6章 林冠動態モデルによる間伐特性評価 / p93 (0100.jp2)
  24. 6.1 モデルによる間伐実験の目的 / p93 (0100.jp2)
  25. 6.2 間伐方法が着葉構造および材積成長量に及ぼす影響の評価 / p93 (0100.jp2)
  26. 6.3 間伐強度が林床の光環境に及ぼす影響の評価 / p113 (0120.jp2)
  27. 第7章 間伐方法に関する総合論議 / p121 (0128.jp2)
  28. 7.1 間伐種(間伐木の大きさ) / p121 (0128.jp2)
  29. 7.2 間伐の間隔 / p123 (0130.jp2)
  30. 7.3 間伐強度 / p125 (0132.jp2)
  31. おわりに / p129 (0136.jp2)
  32. 謝辞 / p130 (0137.jp2)
  33. 引用文献 / p131 (0138.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154913
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001107871
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000319227
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ