Prediction of histopathologic features and proliferative activity of uterine leiomyoma by magnetic resonance imaging prior to GnRH analogue therapy : correlation between T2-weighted images and effect of GnRH analogue MRI画像をもちいたGnRHa治療に際しての子宮筋腫の組織形態及び細胞増殖能の予知に関する検討 : 特にT2強調画像とGnRHa投与の効果との相関

この論文をさがす

著者

    • 小口, 治 オグチ, オサム

書誌事項

タイトル

Prediction of histopathologic features and proliferative activity of uterine leiomyoma by magnetic resonance imaging prior to GnRH analogue therapy : correlation between T2-weighted images and effect of GnRH analogue

タイトル別名

MRI画像をもちいたGnRHa治療に際しての子宮筋腫の組織形態及び細胞増殖能の予知に関する検討 : 特にT2強調画像とGnRHa投与の効果との相関

著者名

小口, 治

著者別名

オグチ, オサム

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第809号

学位授与年月日

1998-06-19

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170025
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170298
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334339
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ