Consumption of alcohol in the presence of hepatitis C virus is an additive risk for liver damage HCV不顕性感染者の飲酒は肝障害のリスクを増大させる

この論文をさがす

著者

    • 太田, 節子 オオタ, セツコ

書誌事項

タイトル

Consumption of alcohol in the presence of hepatitis C virus is an additive risk for liver damage

タイトル別名

HCV不顕性感染者の飲酒は肝障害のリスクを増大させる

著者名

太田, 節子

著者別名

オオタ, セツコ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第822号

学位授与年月日

1998-10-28

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170038
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170311
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334352
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ