唐代北辺財政考 : 軍糧政策を中心として

この論文をさがす

著者

    • 丸橋, 充拓 マルハシ, ミツヒロ

書誌事項

タイトル

唐代北辺財政考 : 軍糧政策を中心として

著者名

丸橋, 充拓

著者別名

マルハシ, ミツヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第7603号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7603号

文博第133号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p4 (0006.jp2)
  3. まえがき / p1 (0004.jp2)
  4. 第一章 軍糧政策 / p2 (0008.jp2)
  5. はじめに / p2 (0008.jp2)
  6. 第一節 軍糧の調達 / p3 (0008.jp2)
  7. (一)正税 / p5 (0009.jp2)
  8. (二)屯田 / p7 (0010.jp2)
  9. (三)和糴・折糴と上供 / p26 (0020.jp2)
  10. 第二節 軍糧の分配 / p33 (0023.jp2)
  11. (一)現地自給 / p34 (0024.jp2)
  12. (二)中央からの補給 / p40 (0027.jp2)
  13. おわりに / p50 (0032.jp2)
  14. 第二章 関中和糴政策と両税法 / p73 (0043.jp2)
  15. はじめに / p73 (0043.jp2)
  16. 第一節 和糴政策の「経常性」 / p75 (0044.jp2)
  17. 第二節 糴本の確保 / p86 (0050.jp2)
  18. 第三節 余剰穀物の流通 / p95 (0054.jp2)
  19. 第四節 「穀物市場」の形成 / p106 (0060.jp2)
  20. おわりに / p110 (0062.jp2)
  21. 第三章 代北水運使と北辺漕運 / p149 (0081.jp2)
  22. はじめに / p149 (0081.jp2)
  23. 第一節 安史の乱前後の北辺財政諸司 / p152 (0083.jp2)
  24. (一)朔方道水陸運使から六城水運使へ / p152 (0083.jp2)
  25. (二)安史の乱以後の状況 / p159 (0086.jp2)
  26. 第二節 貞元以降における度支系諸司の設置 / p163 (0088.jp2)
  27. (一)度支巡院の設置 / p163 (0088.jp2)
  28. (二)代北水運使の設置 / p167 (0090.jp2)
  29. (三)度支系諸司の再編成とその後 / p178 (0096.jp2)
  30. 第三節 北辺漕運体制の変遷 / p189 (0101.jp2)
  31. 第四節 結びに代えて-代北水運使の歴史的意義- / p195 (0104.jp2)
  32. 終章 北辺軍糧政策の中央集権化-貞元年間の改革を手がかりに- / p227 (0120.jp2)
  33. はじめに / p227 (0120.jp2)
  34. 第一節 安史の乱勃発より李懐光の乱終息まで / p230 (0122.jp2)
  35. 第二節 貞元年間前半の財政改革と分権の残存 / p232 (0123.jp2)
  36. 第三節 貞元年間後半における集権化の開始 / p245 (0129.jp2)
  37. おわりに / p249 (0131.jp2)
  38. あとがき / p261 (0137.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170164
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170437
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334478
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ