【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

模倣の進化と発達に関する比較認知心理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 山越, 政子 ヤマコシ, マサコ

書誌事項

タイトル

模倣の進化と発達に関する比較認知心理学的研究

著者名

山越, 政子

著者別名

ヤマコシ, マサコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

甲第7609号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7609号

教博第16号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 模倣とは?-比較認知心理学からのアプローチ- / p2 (0009.jp2)
  4. 第1節 「まねる」 / p2 (0009.jp2)
  5. 第2節 ヒトにとって模倣はなぜ必要か? / p5 (0012.jp2)
  6. 第3節 模倣能力の起源を探る-比較認知心理学からのアプローチー- / p7 (0014.jp2)
  7. 第4節 本研究の構成 / p10 (0017.jp2)
  8. 第2章 模倣研究の展開 / p12 (0019.jp2)
  9. 第1節 ヒトの模倣の個体発生 / p12 (0019.jp2)
  10. 1-1)Piagetによる模倣の発達 / p12 (0019.jp2)
  11. 2-2)Meltzoffによる模倣の発達 / p16 (0023.jp2)
  12. 第2節 自閉症にみる模倣 / p19 (0026.jp2)
  13. 1-1)自閉症の模倣障害の特徴 / p19 (0026.jp2)
  14. 2-2)自閉症研究からみた模倣の発達理論 / p21 (0028.jp2)
  15. 第3節 ヒト以外の動物における模倣研究 / p23 (0030.jp2)
  16. 3-1)動物研究における「模倣」の定義 / p23 (0030.jp2)
  17. 3-2)ヒト以外の動物における模倣能力の証拠 / p26 (0033.jp2)
  18. 3-3)感覚運動期における大型類人猿の模倣の発達 / p29 (0036.jp2)
  19. 第4節 第2章のまとめ / p32 (0039.jp2)
  20. 第3章 初期模倣の発達に関する実験的研究 / p34 (0041.jp2)
  21. 第1節 ヒトの初期模倣に関する研究 / p34 (0041.jp2)
  22. 第2節 初期模倣のメカニズムと機能:「初期模倣は模倣か?」 / p36 (0043.jp2)
  23. 第3節 チンパンジーの初期模倣に関する実験的研究 / p41 (0048.jp2)
  24. 3-1)問題 / p41 (0048.jp2)
  25. 3-2)方法 / p42 (0049.jp2)
  26. 3-3)結果 / p45 (0052.jp2)
  27. 3-4)考察 / p49 (0056.jp2)
  28. 第4節 第3章のまとめ / p53 (0060.jp2)
  29. 第4章 物の操作の模倣に関する実験的研究 / p55 (0062.jp2)
  30. 第1節 ヒトにおける物の操作の模倣に関する研究 / p55 (0062.jp2)
  31. 第2節 チンパンジーによる模倣学習に関する研究 / p60 (0067.jp2)
  32. 第3節 チンパンジーによる物の操作の模倣に影響を与える要因の実験的検討 / p63 (0070.jp2)
  33. 3-1)問題 / p63 (0070.jp2)
  34. 3-2)方法 / p64 (0071.jp2)
  35. 3-3)結果 / p71 (0078.jp2)
  36. 3-4)考察 / p76 (0083.jp2)
  37. 第4節 第4章のまとめ / p81 (0088.jp2)
  38. 第5章 他者の行為の理解に関する実験的研究 / p83 (0090.jp2)
  39. 第1節 ヒトにおける他者の行為の理解の発達 / p83 (0090.jp2)
  40. 第2節 チンパンジーの他者の行為の理解に関する研究 / p88 (0095.jp2)
  41. 2-1)他者の行為の意図を理解できるか? / p88 (0095.jp2)
  42. 2-2)他者の行為の意図の理解に関する研究の問題点 / p89 (0096.jp2)
  43. 第3節 チンパンジーによる他者の行為の意図の理解に関する実験的検討 / p91 (0098.jp2)
  44. 3-1)問題 / p91 (0098.jp2)
  45. 3-2)方法 / p91 (0098.jp2)
  46. 3-3)結果 / p97 (0104.jp2)
  47. 3-4)考察 / p102 (0109.jp2)
  48. 第4節 第5章のまとめ / p107 (0114.jp2)
  49. 第6章 全体的考察-模倣のメカニズムとその役割- / p109 (0116.jp2)
  50. 第1節 本研究のまとめ / p109 (0116.jp2)
  51. 第2節 ヒトの模倣・チンパンジーの模倣:模倣のメカニズムを比較する / p113 (0120.jp2)
  52. 第3節 知性の獲得における模倣の役割 / p122 (0129.jp2)
  53. 第4節 残された課題 / p126 (0133.jp2)
  54. 4-1)「認知科学」的アプローチによる模倣研究 / p126 (0133.jp2)
  55. 4-2)模倣能力と言語との関係 / p128 (0135.jp2)
  56. 4-3)模倣能力の発達と環境要因 / p131 (0138.jp2)
  57. 文献 / p133 (0140.jp2)
  58. 付録 / p150 (0157.jp2)
  59. あとがき / p152 (0159.jp2)
  60. 謝辞 / p153 (0160.jp2)
15アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170170
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170444
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334484
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ