重イオン反応におけるクラスター構造を反映したフラグメント生成機構

この論文をさがす

著者

    • 竹本, 宏輝 タケモト, ヒロキ

書誌事項

タイトル

重イオン反応におけるクラスター構造を反映したフラグメント生成機構

著者名

竹本, 宏輝

著者別名

タケモト, ヒロキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第7639号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

要旨pdfファイル:タイトル「重イオン反応におけるクラスター構造を反映したプラグメント生成機構」

新制・課程博士

甲第7639号

理博第2024号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p2 (0005.jp2)
  3. §1 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. §2 反対称化分子動力学(AMD) / p4 (0009.jp2)
  5. 2.1 AMDの基本的な枠組み / p4 (0009.jp2)
  6. 2.2 AMDにおける二核子衝突 / p6 (0011.jp2)
  7. 2.3 統計崩壊について / p7 (0012.jp2)
  8. 2.4 初期状態について / p7 (0012.jp2)
  9. §3 フラグメント生成における¹²Cのαクラスター自由度の活性化 / p8 (0013.jp2)
  10. 3.1 AMDの計算結果と実験値との比較 / p8 (0013.jp2)
  11. 3.2 ¹²Cにおけるαクラスター自由度の活性化の特徴 / p9 (0014.jp2)
  12. 3.3 αクラスター自由度の活性化の入射エネルギーおよび入射核の質量数に対する依存性 / p17 (0022.jp2)
  13. 3.4 ¹²Cにおけるαクラスター自由度の活性化に対する平均場の効果と二核子衝突の効果 / p21 (0026.jp2)
  14. §4 ¹⁹Bのクラスター構造を反映したフラグメント生成機構 / p22 (0027.jp2)
  15. 4.1 Bアイソトープの基底状態 / p23 (0028.jp2)
  16. 4.2 ¹⁹Bのクラスター構造を反映したフラグメント生成機構 / p27 (0032.jp2)
  17. 4.3 ¹⁹Bのクラスター崩壊における平均場の効果および中間励起状態の存在 / p29 (0034.jp2)
  18. 4.4 ¹⁹Bにおけるフラグメント生成機構の入射エネルギー依存性 / p32 (0037.jp2)
  19. §5 まとめと今後の展望 / p36 (0041.jp2)
  20. 付録 / p39 (0044.jp2)
  21. A ハミルトニアンの期待値 / p39 (0044.jp2)
  22. B 二核子衝突の取扱 / p45 (0050.jp2)
  23. C 統計崩壊過程 / p48 (0053.jp2)
  24. Fragmentation Reaction Mechanism using AMD model -alpha clustering effect in ¹²C fragmentation- / p616 (0101.jp2)
  25. ALPHA-CLUSTERING EFFECT IN ¹²C FRAGMENTATION / p478 (0109.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170200
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170474
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334514
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ