【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

タンパク質膜透過装置におけるSecY、SecE、SeaA間の相互作用とSydの作用機構

この論文をさがす

著者

    • 松尾, 英一 マツオ, エイイチ

書誌事項

タイトル

タンパク質膜透過装置におけるSecY、SecE、SeaA間の相互作用とSydの作用機構

著者名

松尾, 英一

著者別名

マツオ, エイイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第7688号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7688号

理博第2073号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / (0006.jp2)
  4. 第一章 序論 / p1 (0007.jp2)
  5. タンパク質膜透過反応 / p2 (0008.jp2)
  6. タンパク質膜透過チャネル / p7 (0013.jp2)
  7. 本研究の背景となるSecY/Sec相互作用および、SecYと相互作用する因子Sydについて / p10 (0016.jp2)
  8. 第二章 結果 / p15 (0021.jp2)
  9. 2-1 Sydが変異サブユニットSecY24を含む膜透過装置に対して及ぼす阻害機構のin vitro解析 / p15 (0021.jp2)
  10. 2-2 secY24変異株中のSyd過剰発現に対する感受性を抑制する遺伝子内抑制変異 / p27 (0033.jp2)
  11. 2-3 溶菌後にSecYを切断するOmpT以外の酵素活性について / p38 (0044.jp2)
  12. 2-4 野生型および変異型SecYタンパク質の精製及びSecE,SecGとの人工膜への再構成 / p41 (0047.jp2)
  13. 第三章 考察 / p53 (0059.jp2)
  14. 1 SecY24変異サブユニットを持つ膜透過装置に対するSydの膜透過阻害について / p53 (0059.jp2)
  15. 2 SecY-Syd相互作用について / p56 (0062.jp2)
  16. 3 Sydの機能について / p58 (0064.jp2)
  17. 4 SecY-SecE相互作用について / p60 (0066.jp2)
  18. 第四章 実験の方法と材料 / p64 (0070.jp2)
  19. 参考文献 / p81 (0087.jp2)
  20. 謝辞 / p85 (0091.jp2)
  21. The SecY Complex and the FtsH Complex in the E. coli Plasma Membrane / p169 (0149.jp2)
  22. A class of integral membrane proteins will be overlooked by the"proteome"study that is based on two-dimensional gel electrophoresis / p1 (0162.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170249
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170523
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334563
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ