染色体分配あるいは核分裂の均等性を保障する機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 齋藤, 成昭 サイトウ, シゲアキ

書誌事項

タイトル

染色体分配あるいは核分裂の均等性を保障する機構に関する研究

著者名

齋藤, 成昭

著者別名

サイトウ, シゲアキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第7707号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

要旨pdfファイル:タイトル「染色体分配あるいは核分裂の均等性を保証する機構に関する研究」

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第7707号

理博第2092号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / (0005.jp2)
  4. 序論 / p1 (0009.jp2)
  5. 本研究の背景と目的 / p1 (0009.jp2)
  6. 有糸分裂のダイナミクスとその制御 / p3 (0011.jp2)
  7. 染色体の基本構造としてのクロマチンとその修飾 / p10 (0018.jp2)
  8. 動原体領域のクロマチン構造 / p10 (0018.jp2)
  9. 動原体DNA配列と結合タンパク質 / p11 (0019.jp2)
  10. 分裂酵母の動原体 / p15 (0023.jp2)
  11. はじめに / p17 (0025.jp2)
  12. 第一部 結果 / p18 (0026.jp2)
  13. mis6-302変異体では制限温度で染色体の不均等分配が起こる / p18 (0026.jp2)
  14. 染色体不均等分配は制限温度に移してから2回目のM期に起こる / p21 (0029.jp2)
  15. mis6変異体で染色体の不均等分配が起こるためには制限温度でGI/S期を通過することが必要である / p21 (0029.jp2)
  16. mis6⁺遺伝子の単離 / p22 (0030.jp2)
  17. Mis6タンパク質は動原体領域に結合する / p26 (0034.jp2)
  18. C末154アミノ酸を欠失してもMis6は機能する / p30 (0038.jp2)
  19. 分裂酵母Mis6と哺乳類LRPR1の相同性についての検討 / p34 (0042.jp2)
  20. Mis6は動原体DNA中央領域に結合している / p41 (0049.jp2)
  21. 生細胞中でのMis6タンパクの挙動 / p44 (0052.jp2)
  22. Mis6-302変異型タンパク質は動原体に結合できない / p44 (0052.jp2)
  23. mis6変異体では動原体中央部のクロマチン構造に異常がある / p47 (0055.jp2)
  24. mis6変異は中期停止細胞中での動原体の配置に異常を引き起こす / p50 (0058.jp2)
  25. Mis6タンパク質は細胞内で沈降係数10-15Sの複合体を形成している / p52 (0060.jp2)
  26. Mis6と結合するタンパク質の探索 / p54 (0062.jp2)
  27. 分裂酵母mis12変異は染色体不均等分配を引き起こす / p59 (0067.jp2)
  28. Mis12タンパク質は動原体中央領域に局在する / p63 (0071.jp2)
  29. mis12変異体では動原体特異的クロマチン構造に異常がある / p63 (0071.jp2)
  30. Mis12は細胞周期を通じて5-10Sの複合体を形成している / p67 (0075.jp2)
  31. Mis6、Mis12は免疫共沈しない / p67 (0075.jp2)
  32. mis122変異体中でもMis6タンパク質は動原体に結合している / p71 (0079.jp2)
  33. 第一部 考察 / p73 (0081.jp2)
  34. Mis6、Mis12は独立に機能して動原体クロマチンを形成する / p73 (0081.jp2)
  35. Mis6、Mis12は動原体領域に結合して特異的クロマチン構造を形成する / p74 (0082.jp2)
  36. 動原体クロマチンは姉妹動原体をつなぐコネクターなのかもしれない / p75 (0083.jp2)
  37. Mis6はGl/S期に機能して動原体クロマチンを形成する / p77 (0085.jp2)
  38. Mis6はリボソームタンパクと結合するかもしれない / p79 (0087.jp2)
  39. Mis6-GFPはリアルタイムな動原体の挙動を視覚化する / p80 (0088.jp2)
  40. まとめ / p81 (0089.jp2)
  41. 第二部 結果 / p82 (0090.jp2)
  42. lsd1変異株の単離 / p82 (0090.jp2)
  43. lsd1変異株の表現型 / p82 (0090.jp2)
  44. 電子顕微鏡による表現型の観察 / p85 (0093.jp2)
  45. lsd1変異株では染色体は均等に分配されている / p89 (0097.jp2)
  46. lsd1⁺遺伝子は脂肪酸合成酵素のαサブユニットをコードする / p89 (0097.jp2)
  47. lsd1⁺遺伝子は生育に必須である / p91 (0099.jp2)
  48. lsd1変異はパルミチン酸の添加により相補される / p96 (0104.jp2)
  49. 抗生物質セルレニンによってlsd表現型が誘導される / p96 (0104.jp2)
  50. 脂肪酸合成の阻害は核分裂期に致死的影響をおよぼす / p96 (0104.jp2)
  51. 第二部 考察 / p103 (0111.jp2)
  52. 均等な核分裂を行うためには脂肪酸合成が必須である / p103 (0111.jp2)
  53. M期に脂肪酸濃度が低下すると致死的な不均等核分裂がおこる / p103 (0111.jp2)
  54. lsd1変異体では染色体以外の核構造が不均等分配されるらしい / p104 (0112.jp2)
  55. まとめ / p105 (0113.jp2)
  56. おわりに / p106 (0114.jp2)
  57. 材料と方法 / p107 (0115.jp2)
  58. 参考文献 / p118 (0126.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170268
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170542
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334582
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ