【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ペプチドトランスポータPEPT1及びPEPT2の構造・機能に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 寺田, 智祐 テラダ, トモヒロ

書誌事項

タイトル

ペプチドトランスポータPEPT1及びPEPT2の構造・機能に関する研究

著者名

寺田, 智祐

著者別名

テラダ, トモヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第7791号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7791号

薬博第427号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 総論の部 / p1 (0007.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 第I章 ラットPEPT1及びPEPT2のcDNAクローニング / p3 (0008.jp2)
  6. 第1節 ラットPEPT1の構造・臓器分布及び機能特性 / p5 (0009.jp2)
  7. 1-1 PEPT1の構造 / p5 (0009.jp2)
  8. 1-2 PEPT1の臓器分布 / p6 (0010.jp2)
  9. 1-3 PEPT1の機能特性 / p7 (0010.jp2)
  10. 第2節 ラットPEPT2の構造・臓器分布及び機能特性 / p9 (0011.jp2)
  11. 2-1 PEPT2の構造 / p9 (0011.jp2)
  12. 2-2 PEPT2の臓器分布 / p11 (0012.jp2)
  13. 2-3 PEPT2の機能特性 / p12 (0013.jp2)
  14. 第3節 考察 / p14 (0014.jp2)
  15. 第II章 PEPT1及びPEPT2の機能に関する比較解析 / p17 (0015.jp2)
  16. 第1節 PEPT1及びPEPT2安定発現細胞の構築 / p17 (0015.jp2)
  17. 第2節 PEPT1及びPEPT2の基質親和性並びに薬物認識特性 / p21 (0017.jp2)
  18. 第3節 考察 / p26 (0020.jp2)
  19. 第III章 PEPT1及びPEPT2の構造・機能相関解析 / p29 (0021.jp2)
  20. 第1節 PEPT1及びPEPT2におけるhistidine残基の機能的役割 / p29 (0021.jp2)
  21. 第2節 PEPT1における必須histidine残基の同定 / p32 (0023.jp2)
  22. 第3節 キメラペプチドトランスポータの構築による薬物認識領域の検索 / p34 (0024.jp2)
  23. 第4節 考察 / p38 (0026.jp2)
  24. 結論 / p41 (0027.jp2)
  25. 謝辞 / p44 (0029.jp2)
  26. 実験の部 / p45 (0029.jp2)
  27. 第I章 実験の部 / p45 (0029.jp2)
  28. 第II章 実験の部 / p48 (0031.jp2)
  29. 第III章 実験の部 / p49 (0031.jp2)
  30. 論文目録 / p52 (0033.jp2)
  31. 引用文献 / p53 (0033.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170352
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170626
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334666
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ