光学活性フォスフォネート試薬を用いる不斉オレフィン化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 渡邊, 俊之 ワタナベ, トシユキ

書誌事項

タイトル

光学活性フォスフォネート試薬を用いる不斉オレフィン化に関する研究

著者名

渡邊, 俊之

著者別名

ワタナベ, トシユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第7792号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7792号

薬博第428号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 理論の部 / (0005.jp2)
  4. 第一章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  5. 第二章 従来の研究概要と著者の研究方針 / p3 (0007.jp2)
  6. 第三章 メソ型ビシクロα-ジケトン類の不斉オレフィン化 / p12 (0012.jp2)
  7. 第一節 原料の合成 / p12 (0012.jp2)
  8. 第二節 ビシクロα-ジケトン類の不斉オレフィン化 / p13 (0012.jp2)
  9. 第三節 反応生成物の絶対構造の決定 / p15 (0013.jp2)
  10. 第四章 反応機構の考察およびメソ型ビシクロα-ジケトンに対する求核反応の方向性の検討 / p20 (0016.jp2)
  11. 第一節 不斉オレフィン化の反応機構の考察 / p20 (0016.jp2)
  12. 第二節 Grignard試薬を用いたメソ型ビシクロα-ジケトン類への求核付加反応の方向性の検討 / p22 (0017.jp2)
  13. 第三節 分子軌道計算 / p24 (0018.jp2)
  14. 第五章 不斉オレフィン化の適用性の拡大の検討 / p30 (0021.jp2)
  15. 第一節 クロム-アレーン錯体および欽-ジエン錯体の不斉オレフィン化 / p30 (0021.jp2)
  16. 第二節 分子内不斉オレフィン化による光学活性多環性化合物の合成 / p33 (0022.jp2)
  17. 第一項 基質としてのジカルボニル化合物の合成 / p33 (0022.jp2)
  18. 第二項 分子内不斉オレフィン化 / p35 (0023.jp2)
  19. 第三項 反応機構の考察 / p38 (0025.jp2)
  20. 第六章 結語および要約 / p41 (0026.jp2)
  21. 謝辞 / p43 (0027.jp2)
  22. 実験の部 / (0028.jp2)
  23. 第三章第一に関する実験 / p46 (0030.jp2)
  24. 第三章第二節に関する実験 / p50 (0032.jp2)
  25. 第三章第三節に関する実験 / p56 (0035.jp2)
  26. 第四章第二節に関する実験 / p59 (0036.jp2)
  27. 第五章第一節に関する実験 / p62 (0038.jp2)
  28. 第五章第二節に関する実験 / p64 (0039.jp2)
  29. 引用文献 / p72 (0043.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170353
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170627
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334667
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ