HNK-1糖鎖抗原の発現を調節するグルクロン酸転移酵素群の研究

この論文をさがす

著者

    • 生木, 尚志 セイキ, タカシ

書誌事項

タイトル

HNK-1糖鎖抗原の発現を調節するグルクロン酸転移酵素群の研究

著者名

生木, 尚志

著者別名

セイキ, タカシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第7796号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7796号

薬博第432号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 第一章 グルクロン酸転移酵素活性とHNK-1糖鎖抗原発現の相関 / p4 (0007.jp2)
  5. 第一節 ラット脳におけるHNK-1糖鎖抗原発現 / p5 (0007.jp2)
  6. 第二節 糖タンパク質性HNK-1糖鎖抗原の発現とグルクロン酸転移活性の脳内分布 / p6 (0008.jp2)
  7. 第三節 未硫酸化HNK-1糖鎖抗原認識抗体のスクリーニング / p9 (0009.jp2)
  8. 第四節 ラット脳の発達過程におけるグルクロン酸転移酵素活性とHNK-1抗体及びM6749抗体のエピトープ発現の変化 / p10 (0010.jp2)
  9. 第五節 考察と総括 / p12 (0011.jp2)
  10. 第六節 実験方法 / p14 (0012.jp2)
  11. 第二章 HNK-1糖鎖抗原の生合成に関与する第二のグルクロン酸転移酵素のクローニング / p17 (0013.jp2)
  12. 第一節 新規グルクロン酸転移酵素(GlcAT-S)のクローニング / p17 (0013.jp2)
  13. 第二節 GlcAT-S mRNAのラット臓器における発現分布 / p20 (0015.jp2)
  14. 第三節 GlcAT-S発現Lec2細胞のフローサイトメトリー解析 / p22 (0016.jp2)
  15. 第四節 GlcAT-S発現COS-1細胞の形態変化 / p23 (0016.jp2)
  16. 第五節 考察と総括 / p24 (0017.jp2)
  17. 第六節 実験方法 / p26 (0018.jp2)
  18. 第三章 グルクロン酸転移酵素群の性質の比較 / p29 (0019.jp2)
  19. 第一節 GlcAT-Sの性質の解析 / p29 (0019.jp2)
  20. 第二節 グルクロン酸転移酵素群の性質の比較 / p31 (0020.jp2)
  21. 第三節 グルクロン酸転移酵素の糖基質に対する転移活性 / p34 (0022.jp2)
  22. 第四節 考察と総括 / p38 (0024.jp2)
  23. 第五節 実験方法 / p40 (0025.jp2)
  24. 結論 / p43 (0026.jp2)
  25. 謝辞 / p44 (0027.jp2)
  26. 引用文献 / p45 (0027.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170357
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170631
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334671
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ