キラル配位子制御による芳香族チオールの不斉共役付加と不斉プロトン化反応

この論文をさがす

著者

    • 西村, 克己 ニシムラ, カツミ

書誌事項

タイトル

キラル配位子制御による芳香族チオールの不斉共役付加と不斉プロトン化反応

著者名

西村, 克己

著者別名

ニシムラ, カツミ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第7801号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7801号

薬博第437号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第1節 目的 / p1 (0006.jp2)
  5. 第2節 不斉空間とキラル配位子の設計 / p1 (0006.jp2)
  6. 第3節 過去のチオールの共役付加反応 / p2 (0007.jp2)
  7. 1)チオールの共役付加の立体化学 / p2 (0007.jp2)
  8. 2)ジアステレオ選択的付加反応 / p3 (0007.jp2)
  9. 3)エナンチオ選択的付加反応 / p4 (0008.jp2)
  10. 4)プロトン化反応 / p5 (0008.jp2)
  11. 第2章 芳香族チオールの触媒的不斉共役付加反応 / p7 (0009.jp2)
  12. 第1節 当研究室におけるこれまでの成果 / p7 (0009.jp2)
  13. 第2節 キラル配位子の改良合成 / p7 (0009.jp2)
  14. 第3節 チオフェノールヘの置換基の導入 / p8 (0010.jp2)
  15. 第4節 反応条件の最適化 / p10 (0011.jp2)
  16. 1)金属検討 / p10 (0011.jp2)
  17. 2)溶媒効果 / p10 (0011.jp2)
  18. 3)温度効果 / p11 (0011.jp2)
  19. 4)チオールの当量 / p12 (0012.jp2)
  20. 5)活性種の当量および濃度 / p12 (0012.jp2)
  21. 6)後処理 / p13 (0012.jp2)
  22. 第5節 リチウムとキラル配位子の量の関係 / p13 (0012.jp2)
  23. 第6節 反応系における平衡の有無 / p14 (0013.jp2)
  24. 第7節 反応の一般化 / p15 (0013.jp2)
  25. 第8節 絶対配置の決定 / p17 (0014.jp2)
  26. 第9節 基質となる不飽和エステルおよびチオールの合成 / p20 (0016.jp2)
  27. 第10節 要約 / p22 (0017.jp2)
  28. 第3章 高い不斉誘起の発現に必要な基質の構造要因 / p23 (0017.jp2)
  29. 第1節 オレフィンとカルボニル基との関係 / p23 (0017.jp2)
  30. 第2節 カルボニル酸素のリチウムへの配位の方向 / p24 (0018.jp2)
  31. 第3節 絶対配置の決定 / p25 (0018.jp2)
  32. 第4節 基質となるα,β-不飽和カルボニル化合物の合成 / p27 (0019.jp2)
  33. 第5節 要約 / p28 (0020.jp2)
  34. 第4章 芳香族チオールの共役付加を用いる触媒的不斉プロトン化反応 / p29 (0020.jp2)
  35. 第1節 エノラートのプロトン化のタイミング / p29 (0020.jp2)
  36. 第2節 三置換不飽和エステルへのチオールの不斉付加-プロトン化 / p31 (0021.jp2)
  37. 第3節 α-置換ビニルケトンへの付加-不斉プロトン化 / p32 (0022.jp2)
  38. 第4節 α-置換アクリル酸エステルへの付加-不斉プロトン化 / p33 (0022.jp2)
  39. 第5節 反応条件の検討 / p34 (0023.jp2)
  40. 1)チオールの当量 / p34 (0023.jp2)
  41. 2)濃度の効果 / p34 (0023.jp2)
  42. 3)活性種の当量および濃度の効果 / p35 (0023.jp2)
  43. 4)その他の条件検討 / p35 (0023.jp2)
  44. 第6節 反応の一般化 / p36 (0024.jp2)
  45. 第7節 絶対配置の決定(脱硫およびその他の変換) / p36 (0024.jp2)
  46. 第8節 (S)-ナプロキセンの不斉合成 / p40 (0026.jp2)
  47. 第9節 基質となる不飽和エステルの合成 / p40 (0026.jp2)
  48. 第10節 要約 / p42 (0027.jp2)
  49. 第5章 不斉誘起と触媒サイクルのモデル / p43 (0027.jp2)
  50. 第6章 結論 / p44 (0028.jp2)
  51. 実験項 / p45 (0028.jp2)
  52. 第2章 / p45 (0028.jp2)
  53. 第3章 / p68 (0040.jp2)
  54. 第4章 / p76 (0044.jp2)
  55. 参考文献 / p90 (0051.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170362
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170636
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334676
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ