熱環境設計のための人体の季節変化特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岡村, 圭子 オカムラ, ケイコ

書誌事項

タイトル

熱環境設計のための人体の季節変化特性に関する研究

著者名

岡村, 圭子

著者別名

オカムラ, ケイコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第7807号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7807号

工博第1787号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 研究の目的および本論文の構成 / p4 (0008.jp2)
  6. 第2章 関連する既往研究と本研究の位置づけ / p8 (0010.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p8 (0010.jp2)
  8. 2.2 至適温度に関する研究 / p8 (0010.jp2)
  9. 2.3 建築環境工学における季節差の研究 / p10 (0011.jp2)
  10. 2.4 体温調節に関するモデル / p11 (0011.jp2)
  11. 2.5 AcelimationとAcelimatization / p13 (0012.jp2)
  12. 2.6 既往の研究における問題点と本研究の位置づけ / p14 (0013.jp2)
  13. 第3章 至適温度の季節変化と熱環境設計 / p17 (0014.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p17 (0014.jp2)
  15. 3.2 本章における至適温度の定義 / p17 (0014.jp2)
  16. 3.3 実験室実験における至適温度の季節変化 / p18 (0015.jp2)
  17. 3.4 実態調査における至適温度の季節変化 / p19 (0015.jp2)
  18. 3.5 至適温度の季節変化の分析 / p22 (0017.jp2)
  19. 3.6 実態調査にみられる至適温度の季節変化の生起分析 / p26 (0019.jp2)
  20. 3.7 熱環境設計の課題 / p30 (0021.jp2)
  21. 3.8 まとめ / p31 (0021.jp2)
  22. 第4章 人体の季節順化の表現とその数値的検討 / p35 (0023.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p35 (0023.jp2)
  24. 4.2 体温調節モデルに基づく本章の方針 / p36 (0024.jp2)
  25. 4.3 環境の中立温度の表現 / p37 (0024.jp2)
  26. 4.4 季節順化の要因の検討 / p41 (0026.jp2)
  27. 4.5 季節順化が環境の中立温度に及ぼす効果 / p43 (0027.jp2)
  28. 4.6 年間の環境の中立温度の計算 / p47 (0029.jp2)
  29. 4.7 まとめ / p51 (0031.jp2)
  30. 第5章 人体の温熱生理要素の季節変化実験 / p53 (0032.jp2)
  31. 5.1 はじめに / p53 (0032.jp2)
  32. 5.2 実験方法 / p54 (0033.jp2)
  33. 5.3 結果 / p63 (0037.jp2)
  34. 5.4 まとめ / p82 (0047.jp2)
  35. 第6章 皮膚温、鼓膜温の季節変化特性 / p84 (0048.jp2)
  36. 6.1 はじめに / p84 (0048.jp2)
  37. 6.2 実験方法 / p84 (0048.jp2)
  38. 6.3 結果 / p85 (0048.jp2)
  39. 6.4 考察 / p88 (0050.jp2)
  40. 6.5 まとめ / p90 (0051.jp2)
  41. 第7章 発汗反応の季節変化特性 / p91 (0051.jp2)
  42. 7.1 はじめに / p91 (0051.jp2)
  43. 7.2 実験方法 / p92 (0052.jp2)
  44. 7.3 結果 / p93 (0052.jp2)
  45. 7.4 考察 / p97 (0054.jp2)
  46. 7.5 まとめ / p100 (0056.jp2)
  47. 第8章 熱コンダクタンスと放熱量からみた季節変化特性 / p102 (0057.jp2)
  48. 8.1 はじめに / p102 (0057.jp2)
  49. 8.2 外殻率と平均体温 / p102 (0057.jp2)
  50. 8.3 検討方法 / p104 (0058.jp2)
  51. 8.4 季節変化特性の生起の推論 / p108 (0060.jp2)
  52. 8.5 まとめ / p118 (0065.jp2)
  53. 第9章 結論 / p120 (0066.jp2)
  54. 9.1 本研究の成果 / p120 (0066.jp2)
  55. 9.2 得られた成果の総括 / p124 (0068.jp2)
  56. 9.3 今後の課題 / p127 (0069.jp2)
  57. 発表論文リスト / p128 (0070.jp2)
  58. 謝辞 / p131 (0071.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170368
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170642
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334682
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ