【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

失読における短呈示下の処理障害に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 敦子 ハヤシ, アツコ

書誌事項

タイトル

失読における短呈示下の処理障害に関する研究

著者名

林, 敦子

著者別名

ハヤシ, アツコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (人間・環境学)

学位授与番号

甲第7912号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第7912号

人博第55号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 序 / p1 (0006.jp2)
  4. 第1章 研究の背景 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.1 失読症状、その分類 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.2 失読症状における短呈示の影響 / p8 (0010.jp2)
  7. 1.3 本研究の目的と意義 / p11 (0011.jp2)
  8. 1.4 本研究の構成 / p12 (0012.jp2)
  9. 第2章 読みにおけるimplicit/explicit処理について / p14 (0013.jp2)
  10. 2.1 序論 / p14 (0013.jp2)
  11. 2.2 対象とした症例群 / p17 (0014.jp2)
  12. 2.3 語彙判断課題 / p17 (0014.jp2)
  13. 2.4 意味関連性判断課題 / p23 (0017.jp2)
  14. 2.5 意味関連性判断課題の結果に基づ<語彙判断課題の分析 / p26 (0019.jp2)
  15. 2.6 考察 / p27 (0019.jp2)
  16. 2.7 まとめ / p31 (0021.jp2)
  17. 第3章 失読症者における音読のための認知閾測定 / p33 (0022.jp2)
  18. 3.1 序論 / p33 (0022.jp2)
  19. 3.2 音読に要する刺激呈示時間(認知閾測定) / p35 (0023.jp2)
  20. 3.3 考察 / p43 (0027.jp2)
  21. 3.4 まとめ / p49 (0030.jp2)
  22. 第4章 音読における継時的要因の影響 / p51 (0031.jp2)
  23. 4.1 序論 / p51 (0031.jp2)
  24. 4.2 被験者 / p53 (0032.jp2)
  25. 4.3 継時呈示による音読課題 / p53 (0032.jp2)
  26. 4.4 表記頻度の効果 / p58 (0035.jp2)
  27. 4.5 聴覚呈示による影響(復唱課題) / p63 (0037.jp2)
  28. 4.6 考察 / p65 (0038.jp2)
  29. 4.7 まとめ / p70 (0041.jp2)
  30. 第5章 継時呈示における文字種の違いについて / p72 (0042.jp2)
  31. 5.1 序論 / p72 (0042.jp2)
  32. 5.2 文字照合課題 / p73 (0042.jp2)
  33. 5.3 考察 / p78 (0045.jp2)
  34. 5.4 まとめ / p81 (0046.jp2)
  35. 第6章 総合的考察 / p83 (0047.jp2)
  36. 6.1 本研究の方法論について / p83 (0047.jp2)
  37. 6.2 語彙-意味の読みに及ぼす影響 / p85 (0048.jp2)
  38. 6.3 文字種における処理の相違 / p86 (0049.jp2)
  39. 6.4 時間的処理の影響 / p88 (0050.jp2)
  40. 6.5 文字の処理と損傷部位との関連 / p88 (0050.jp2)
  41. 6.6 短呈示の持つ意味について / p91 (0051.jp2)
  42. 6.7 まとめ / p92 (0052.jp2)
  43. 結論 / p94 (0053.jp2)
  44. 謝辞 / p96 (0054.jp2)
  45. 引用文献 / p97 (0054.jp2)
  46. 付録 / p111 (0061.jp2)
  47. 付録1 / p112 (0062.jp2)
  48. 付録2 / p114 (0063.jp2)
  49. 付録3 / p116 (0064.jp2)
  50. 付録4 / p118 (0065.jp2)
  51. 本研究に関する論文 / p120 (0066.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170473
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170747
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334787
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ