ルーマン教育システム論の再構成

この論文をさがす

著者

    • 石戸, 教嗣, 1950- イシド, ノリツグ

書誌事項

タイトル

ルーマン教育システム論の再構成

著者名

石戸, 教嗣, 1950-

著者別名

イシド, ノリツグ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第10062号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10062号

論教博第79号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p2 (0004.jp2)
  3. 序章 ルーマンの教育システム論の視座 / p7 (0009.jp2)
  4. 1 ルーマンのシステム論と「主体」 / p8 (0010.jp2)
  5. 2 複雑性の縮減 / p10 (0012.jp2)
  6. 3 自己準拠性とオートポイエシス / p13 (0015.jp2)
  7. 4 時期区分の問題 / p15 (0017.jp2)
  8. (1)社会的システム論の時期区分 / p15 (0017.jp2)
  9. (2)教育システム論の時期区分 / p17 (0019.jp2)
  10. 第I部 機能システムとしての教育システム / p20 (0022.jp2)
  11. 第1章 教育システムの反省とは何か / p21 (0023.jp2)
  12. 第1節 教育システムの三つの反省次元と反省主体 / p21 (0023.jp2)
  13. (1)教育システムの分化とその反省形式 / p21 (0023.jp2)
  14. (2)教育システムの自己反省 / p24 (0026.jp2)
  15. 第2節 ルーマンの教育システム論と教育学・教育社会学研究 / p38 (0040.jp2)
  16. 第2章 教育システムのオートポイエシス / p48 (0050.jp2)
  17. 第1節 正当化からパラドックスへ / p48 (0050.jp2)
  18. 第2節 コードとプログラム / p49 (0051.jp2)
  19. (1)コードとプログラムの関係 / p49 (0051.jp2)
  20. (2)プログラムと不確定性公式 / p53 (0055.jp2)
  21. (3)教育システムのパラドックス展開としてのコードとプログラム / p55 (0057.jp2)
  22. (4)教育システムにおける生徒の評価・選抜 / p57 (0059.jp2)
  23. 第3節 「システム/環境関係」のパラドックス展開 / p59 (0061.jp2)
  24. (1)教育システムによる基準の提示 / p59 (0061.jp2)
  25. (2)他の機能システムとの関係 / p61 (0063.jp2)
  26. (3)多中心的な社会記述 / p64 (0066.jp2)
  27. (4)「自由」を志向する教育 / p67 (0069.jp2)
  28. 第3章 教育システムにおける時間 / p70 (0072.jp2)
  29. 第1節 システムにおける時間問題 / p70 (0072.jp2)
  30. (1)前期ルーマンの構造主義的性格 / p70 (0072.jp2)
  31. (2)時間的反省の優先 / p72 (0074.jp2)
  32. (3)反省と反省性 / p72 (0074.jp2)
  33. (4)自己準拠にとっての反省性の意味 / p73 (0075.jp2)
  34. 第2節 教育システムにおける「開始」と「終了」 / p75 (0077.jp2)
  35. 第3節 教育システムにおける「過去」と「未来」 / p79 (0081.jp2)
  36. 第4章 教育システムの改革問題 / p84 (0086.jp2)
  37. 第1節 教育における平等-「補償教育」をめぐって / p84 (0086.jp2)
  38. (1)教育改革の転換 / p85 (0087.jp2)
  39. (2)システム条件としての「平等」 / p86 (0088.jp2)
  40. (3)補償教育への批判 / p88 (0090.jp2)
  41. (4)「システム/環境」関係をふまえた教育改革 / p90 (0092.jp2)
  42. 第2節 改革教育学をめぐって / p91 (0093.jp2)
  43. (1)改革と反省の循環 / p91 (0093.jp2)
  44. (2)二つの改革プログラム / p92 (0094.jp2)
  45. (3)教育学の反省課題 / p93 (0095.jp2)
  46. 第3節 「構造的欠陥」と教育システムの改革 / p95 (0097.jp2)
  47. (1)構造的欠陥 / p95 (0097.jp2)
  48. (2)教育システムの「自制欠如」 / p97 (0099.jp2)
  49. (3)構造的欠陥と構造的安定性 / p98 (0100.jp2)
  50. 第II部 教育システムにおけるコミュニケーション / p100 (0102.jp2)
  51. 第5章 教育システムのメディアとシンボル-子ども・知識・教育意図- / p101 (0103.jp2)
  52. 第1節 メディアとしての「子ども」 / p101 (0103.jp2)
  53. 第2節 行為としての教育 / p103 (0105.jp2)
  54. 第3節 形式としての「知識」 / p105 (0107.jp2)
  55. 第4節 シンボルとしての教育意図 / p110 (0112.jp2)
  56. (1)行為と動機 / p110 (0112.jp2)
  57. (2)意図のシンボル性 / p112 (0114.jp2)
  58. (3)教育意図によるシステムの循環 / p113 (0115.jp2)
  59. (4)二分的コードの不在 / p114 (0116.jp2)
  60. (5)教育システムの自己準拠と「人物」としての「子ども」 / p116 (0118.jp2)
  61. 第6章 システムとしての授業(1)-技術欠如から教育可能性ヘ- / p119 (0121.jp2)
  62. 第1節 複雑性の縮減としての技術 / p119 (0121.jp2)
  63. (1)技術の因果的側面:因果プラン / p120 (0122.jp2)
  64. (2)技術の合理的側面 / p122 (0124.jp2)
  65. (3)技術欠如の補償後の問題 / p124 (0126.jp2)
  66. 第2節 教育と授業の存立可能性 / p124 (0126.jp2)
  67. (1)認識論に依存する教育学 / p124 (0126.jp2)
  68. (2)可能性と現実の差異 / p126 (0128.jp2)
  69. (3)相互浸透と授業の構造的条件 / p127 (0129.jp2)
  70. 第3節 コミュニケーション・システムとしての授業 / p130 (0132.jp2)
  71. 第7章 システムとしての授業(2)-教師・生徒間の理解をめぐって- / p132 (0134.jp2)
  72. 第1節 「理解」とは / p132 (0134.jp2)
  73. 第2節 理解の諸次元 / p133 (0135.jp2)
  74. 第3節 社会的システムの理解 / p138 (0140.jp2)
  75. 第4節 授業における理解 / p140 (0142.jp2)
  76. (1)「把握」という理解 / p140 (0142.jp2)
  77. (2)人物理解の限界 / p141 (0143.jp2)
  78. (3)授業という社会的システムの一般性と特有性 / p142 (0144.jp2)
  79. (4)まとめ / p143 (0145.jp2)
  80. 第8章 アイデンティティと社会化 / p145 (0147.jp2)
  81. 第1節 アイデンティティ / p145 (0147.jp2)
  82. 第2節 アイデンティティと個性化 / p148 (0150.jp2)
  83. (1)「人物」の観察と「個性」 / p148 (0150.jp2)
  84. (2)個性への感受性と教師 / p149 (0151.jp2)
  85. 第3節 社会化 / p153 (0155.jp2)
  86. 第4節 学校における社会化と「隠れたカリキュラム」 / p156 (0158.jp2)
  87. (1)「隠れたカリキュラム」概念の導入 / p156 (0158.jp2)
  88. (2)構造的決定か操作的決定か / p158 (0160.jp2)
  89. (3)パラドックス的コミュニケーションと「隠れたカリキュラム」 / p161 (0163.jp2)
  90. (4)教育システムの構造的パラドックス / p165 (0167.jp2)
  91. 終わりに-日本の教育現実から見たルーマンの教育システム論 / p168 (0170.jp2)
  92. 1 日本的文脈の中のルーマン理論 / p168 (0170.jp2)
  93. 2 日本型システムと選抜 / p169 (0171.jp2)
  94. 3 残された課題-教育問題と心理システムの関わり / p173 (0175.jp2)
  95. 後書き / p175 (0177.jp2)
  96. 文献一覧 / p178 (0180.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170506
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170780
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334820
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ