【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ケインズと世界経済

この論文をさがす

著者

    • 岩本, 武和, 1957- イワモト, タケカズ

書誌事項

タイトル

ケインズと世界経済

著者名

岩本, 武和, 1957-

著者別名

イワモト, タケカズ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第10068号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10068号

論経博第233号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 序章 本書の問題意識と構成 / p1 (0011.jp2)
  4. I はじめに / p1 (0011.jp2)
  5. II 「テクスト主義」から見たケインズ国際経済論 / p2 (0012.jp2)
  6. (i)国内均衡と国際均衡 / p2 (0012.jp2)
  7. (ii)古典派国際経済学者としてのケインズ / p3 (0013.jp2)
  8. III 「コンテクスト主義」から見たケインズ国際経済論 / p4 (0014.jp2)
  9. (i)ケインズとナショナリズム / p4 (0014.jp2)
  10. (ii)「国家的自給」の思想 / p4 (0014.jp2)
  11. (iii)国際収支の調整過程におけるシンメトリー / p7 (0017.jp2)
  12. (iv)ケインズにおける「長期」と「短期」 / p9 (0019.jp2)
  13. IV 本書の構成と要約 / p10 (0020.jp2)
  14. 第1部 初期ケインズと第一次世界大戦 / (0025.jp2)
  15. 第1章 ケインズとインド / p16 (0026.jp2)
  16. はじめに / p16 (0026.jp2)
  17. I 第一次大戦前のインド通貨制度改革 / p17 (0027.jp2)
  18. II ケインズとチェンバレン委員会(1)-ケインズの金本位制観- / p21 (0031.jp2)
  19. III ケインズとチェンバレン委員会(2)-インドにおける金為替本位制- / p24 (0034.jp2)
  20. IV ケインズとチェンバレン委員会(3)-ケインズのインド国立銀行案- / p34 (0044.jp2)
  21. V 第一次大戦後のインド通貨制度改革 / p42 (0052.jp2)
  22. おわりに / p48 (0058.jp2)
  23. 第2章 ケインズと1914年の金融恐慌 / p56 (0066.jp2)
  24. はじめに / p56 (0066.jp2)
  25. I 金融恐慌の展開 / p57 (0067.jp2)
  26. II シャスターとケインズ / p60 (0070.jp2)
  27. III シティのインナー・サークルと金準備論争 / p63 (0073.jp2)
  28. おわりに / p67 (0077.jp2)
  29. 第3章 ケインズと第一次大戦期のスターリング=ドル外交 / p72 (0082.jp2)
  30. はじめに / p72 (0082.jp2)
  31. I 国内戦時金融 / p73 (0083.jp2)
  32. II アメリカ参戦前における対外戦時金融 / p76 (0086.jp2)
  33. III 1916年末の為替危機 / p84 (0094.jp2)
  34. IV アメリカ参戦後の対外戦時金融 / p88 (0098.jp2)
  35. V 1917年7月の為替危機 / p91 (0101.jp2)
  36. おわりに / p94 (0104.jp2)
  37. 第2部 中期ケインズと両大戦間期の世界経済 / (0109.jp2)
  38. 第4章 ケインズと賠償問題 / p100 (0110.jp2)
  39. はじめに / p100 (0110.jp2)
  40. I『平和の経済的帰結』をめぐって / p101 (0111.jp2)
  41. II 『条約の改正』をめぐって / p108 (0118.jp2)
  42. III 「ドーズ案」(1924~29年)をめぐって / p109 (0119.jp2)
  43. IV ケインズ=オリーン論争をめぐって / p113 (0123.jp2)
  44. V 「ヤング案」(1929年~32年)と賠償問題の終結 / p117 (0127.jp2)
  45. おわりに / p121 (0131.jp2)
  46. 第5章 ケインズと金本位制復帰 / p125 (0135.jp2)
  47. はじめに / p125 (0135.jp2)
  48. 1 第一次大戦後のシティの変容 / p126 (0136.jp2)
  49. II ケインズのマクミラン委員会での非公開証言 / p129 (0139.jp2)
  50. III ケインズと大蔵省見解 / p137 (0147.jp2)
  51. おわりに / p142 (0152.jp2)
  52. 第5章 ケインズと保護主義 / p145 (0155.jp2)
  53. はじめに / p145 (0155.jp2)
  54. I 自由貿易の擁護 / p146 (0156.jp2)
  55. II 保護主義への傾斜(1) / p148 (0158.jp2)
  56. III 保護主義への傾斜(2) / p153 (0163.jp2)
  57. IV 双務主義と多角主義 / p161 (0171.jp2)
  58. おわりに / p166 (0176.jp2)
  59. 第3部 後期ケインズと戦後国際経済秩序の形成 / (0181.jp2)
  60. 第7章 ケインズとIMF協定(1) / p172 (0182.jp2)
  61. はじめに / p172 (0182.jp2)
  62. I 「ケインズ案」の形成過程 / p174 (0184.jp2)
  63. II 「ケインズ案」とナチス / p176 (0186.jp2)
  64. III 多角的決済と資本移動の規制 / p180 (0190.jp2)
  65. IV 「ケインズ案」におけるルールと裁量 / p184 (0194.jp2)
  66. おわりに / p192 (0202.jp2)
  67. 第8章 ケインズとIMF協定(2) / p197 (0207.jp2)
  68. はじめに / p197 (0207.jp2)
  69. I 「ホワイト案」の概要 / p198 (0208.jp2)
  70. II ユニタスの貨幣化 / p200 (0210.jp2)
  71. III 「IMF協定第8条」を巡る論争 / p206 (0216.jp2)
  72. おわりに / p212 (0222.jp2)
  73. 第9章 ケインズとポンド残高 / p216 (0226.jp2)
  74. はじめに / p216 (0226.jp2)
  75. I スターリング地域のポンド残高 / p217 (0227.jp2)
  76. II アメリカからの武器貸与 / p221 (0231.jp2)
  77. III ホワイト原案におけるポンド残高の処理案 / p224 (0234.jp2)
  78. IV ケインズによるポンド残高の処理案 / p226 (0236.jp2)
  79. V 英米金融交渉 / p231 (0241.jp2)
  80. おわりに / p239 (0249.jp2)
  81. 参考文献 / p245 (0255.jp2)
  82. 外国語文献 / p245 (0255.jp2)
  83. 邦語文献 / p252 (0262.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170512
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170786
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334826
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ