餌生物によるヒトデ類の分布密度変化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 栗原, 健夫 クリハラ, タケオ

書誌事項

タイトル

餌生物によるヒトデ類の分布密度変化に関する研究

著者名

栗原, 健夫

著者別名

クリハラ, タケオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10131号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10131号

論農博第2221号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p2 (0004.jp2)
  3. はじめに / p5 (0005.jp2)
  4. 第1章 陸棚域におけるヒトデ類分布水深の種間差と水温との関係 / p9 (0007.jp2)
  5. 1-1 ヒトデ類分布水深の種間差に関する研究の問題点 / p9 (0007.jp2)
  6. 1-2 水温とヒトデ類の密度の推定方法 / p10 (0008.jp2)
  7. 1-3 ヒトデ類分布水深の種間差と水温分布の観察結果 / p12 (0009.jp2)
  8. 1-4 ヒトデ類分布水深の種間差と水温の対応に関する考察 / p16 (0011.jp2)
  9. 第1章の要約 / p17 (0011.jp2)
  10. 第2章 イトマキヒトデの高密度分布水深と環境要因の科学潜水観察 / p18 (0012.jp2)
  11. 2-1 イトマキヒトデの繁殖と食性 / p18 (0012.jp2)
  12. 2-2 イトマキヒトデと餌生物の高密度分布水深 / p25 (0015.jp2)
  13. 第2章の要約 / p36 (0021.jp2)
  14. 第3章 潜水実験と数値解析によるイトマキヒトデ高密度分布水深の形成過程の検証 / p38 (0022.jp2)
  15. 3-1 焼ゴテ標識の開発と特性評価 / p39 (0022.jp2)
  16. 3-2 イトマキヒトデ高密度分布水深の形成過程の実験的検証 / p46 (0026.jp2)
  17. 3-3 数値解析による餌の誘引性の定量評価 / p55 (0030.jp2)
  18. 第3章の要約 / p64 (0035.jp2)
  19. 第4章 総合考察 / p66 (0036.jp2)
  20. 4-1 本研究の特色 / p66 (0036.jp2)
  21. 4-2 今後の課題 / p69 (0037.jp2)
  22. 第5章 結論 / p73 (0039.jp2)
  23. 謝辞 / p75 (0040.jp2)
  24. 参考文献 / p76 (0041.jp2)
  25. 補遺:学名と術語の説明 / p83 (0044.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170575
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170849
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334889
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ