C[4]型ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼをリン酸化するカルシウム依存症プロテインキナーゼの研究

この論文をさがす

著者

    • 小川, 紀之 オガワ, ノリユキ

書誌事項

タイトル

C[4]型ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼをリン酸化するカルシウム依存症プロテインキナーゼの研究

著者名

小川, 紀之

著者別名

オガワ, ノリユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第10147号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 序論 / p1 (0012.jp2)
  4. 1.生体における情報伝達 / p1 (0012.jp2)
  5. 2.植物における情報伝達経路 / p7 (0018.jp2)
  6. 3.植物に存在するプロテインキナーゼファミリー / p11 (0022.jp2)
  7. 4.トウモロコシ葉中のC₄型ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ(PEPC)とその光依存的な活性調節機構 / p15 (0026.jp2)
  8. 5.トウモロコシ葉中のPEPCをリン酸化するプロテインキナーゼ / p17 (0028.jp2)
  9. 6.本論文の内容について / p18 (0029.jp2)
  10. 第1章 PEPCの精製法の確立 / p20 (0031.jp2)
  11. 1.1.緒言 / p20 (0031.jp2)
  12. 1.2.材料と方法 / p22 (0033.jp2)
  13. 1.3.結果と考察 / p24 (0035.jp2)
  14. 第1章のまとめ / p32 (0043.jp2)
  15. 第2章 PEPC-キナーゼの性格付け / p33 (0044.jp2)
  16. 2.1.緒言 / p33 (0044.jp2)
  17. 2.2.材料と方法 / p35 (0046.jp2)
  18. 2.3.結果 / p42 (0053.jp2)
  19. 2.4.考察 / p67 (0078.jp2)
  20. 第2章のまとめ / p71 (0082.jp2)
  21. 第3章 トウモロコシ葉に存在するCa²⁺-依存性プロテインキナーゼのcDNAクローニング / p72 (0083.jp2)
  22. 3.1.緒言 / p72 (0083.jp2)
  23. 3.2.材料と方法 / p74 (0085.jp2)
  24. 3.3.結果 / p79 (0090.jp2)
  25. 3.4.考察 / p86 (0097.jp2)
  26. 第3章のまとめ / p90 (0101.jp2)
  27. 総合考察 / p91 (0102.jp2)
  28. 文献 / p96 (0107.jp2)
  29. 謝辞 / p106 (0117.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170591
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170865
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334905
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ