最大関係性原理を用いたパターン認識

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 章夫 スズキ, アキオ

書誌事項

タイトル

最大関係性原理を用いたパターン認識

著者名

鈴木, 章夫

著者別名

スズキ, アキオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6585号

学位授与年月日

1998-07-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景及び目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 主観的輪郭線抽出の従来モデル / p7 (0012.jp2)
  5. 1.3 本論の構成 / p11 (0016.jp2)
  6. 第2章 パターン認識機能に関する生理学的・心理学的知見 / p12 (0017.jp2)
  7. 2.1 生理学的知見 / p12 (0017.jp2)
  8. 2.2 心理物理学的知見 / p24 (0029.jp2)
  9. 2.3 主観的輪郭線 / p28 (0033.jp2)
  10. 2.4 まとめ / p31 (0036.jp2)
  11. 第3章 パターン認識機構のモデル / p32 (0037.jp2)
  12. 3.1 モデルの全体像 / p32 (0037.jp2)
  13. 3.2 レチノトピーと規格化 / p37 (0042.jp2)
  14. 3.3 line processとfilling-in process / p38 (0043.jp2)
  15. 3.4 方位統合 / p41 (0046.jp2)
  16. 3.5 空間周波数 / p42 (0047.jp2)
  17. 3.6 最大関係性原理 / p43 (0048.jp2)
  18. 3.7 まとめ / p44 (0049.jp2)
  19. 第4章 主観的輪郭線を含む図形の認識実験 / p45 (0050.jp2)
  20. 4.1 入力パターン / p45 (0050.jp2)
  21. 4.2 Abuting grating主観的輪郭線とフィルター方位が同じ場合 / p46 (0051.jp2)
  22. 4.3 Abuting grating主観的輪郭線とフィルター方位が異なる場合 / p53 (0058.jp2)
  23. 4.4 Abuting grating主観的輪郭線が折れ曲がっている場合 / p56 (0061.jp2)
  24. 4.5 3方位系におけるAbuting grating / p57 (0062.jp2)
  25. 4.6 Kanizsa square / p60 (0065.jp2)
  26. 4.7 複雑な図形の場合 / p62 (0067.jp2)
  27. 4.8 まとめ / p64 (0069.jp2)
  28. 第5章 総括と結論 / p65 (0070.jp2)
  29. 今後の課題 / p68 (0073.jp2)
  30. 謝辞 / p69 (0074.jp2)
  31. 参考文献 / p70 (0075.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170604
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170878
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334918
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ