新幹線高速集電システムの研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 輝雄 コバヤシ, テルオ

書誌事項

タイトル

新幹線高速集電システムの研究

著者名

小林, 輝雄

著者別名

コバヤシ, テルオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6598号

学位授与年月日

1998-09-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 新幹線の集電設備概要及び使用する用語 / p2 (0009.jp2)
  5. 1.3 新幹線の電車・パンタグラフ系の変遷 / p5 (0012.jp2)
  6. 1.4 これまでの集電研究 / p6 (0013.jp2)
  7. 1.5 研究の方針 / p11 (0018.jp2)
  8. 第2章 高速化の課題 / p14 (0021.jp2)
  9. 2.1 まえがき / p14 (0021.jp2)
  10. 2.2 集電性能として確保すべき条件 / p14 (0021.jp2)
  11. 2.3 測定方式 / p16 (0023.jp2)
  12. 2.4 これまでの現車試験から得た高速化の課題 / p18 (0025.jp2)
  13. 2.5 トロリ線応力の低減法 / p21 (0028.jp2)
  14. 2.6 トロリ線の離線 / p23 (0030.jp2)
  15. 2.7 多数パンタグラフによる共振 / p26 (0033.jp2)
  16. 2.8 新しいトロリ線 / p28 (0035.jp2)
  17. 2.9 あとがき / p33 (0040.jp2)
  18. 第3章 複合トロリ線による高速集電性能試験 / p34 (0041.jp2)
  19. 3.1 まえがき / p34 (0041.jp2)
  20. 3.2 試験実施箇所 / p34 (0041.jp2)
  21. 3.3 400km/h域の現車試験における配慮 / p34 (0041.jp2)
  22. 3.4 シミュレーション手法による複合トロリ線を使った架線の性能評価 / p36 (0043.jp2)
  23. 3.5 多数バンタグラフによる共振 / p41 (0048.jp2)
  24. 3.6 揚力によるパンタグラフの押上力 / p41 (0048.jp2)
  25. 3.7 試験用の架線構造、パンタグラフ / p43 (0050.jp2)
  26. 3.8 現車試験結果 / p44 (0051.jp2)
  27. 3.9 複合トロリ線の整備水準 / p51 (0058.jp2)
  28. 3.10 あとがき / p54 (0061.jp2)
  29. 第4章 複合トロリ線の材質調査 / p55 (0062.jp2)
  30. 4.1 まえがき / p55 (0062.jp2)
  31. 4.2 調査項目 / p55 (0062.jp2)
  32. 4.3 CSトロリ線 / p55 (0062.jp2)
  33. 4.4 TAトロリ線 / p65 (0072.jp2)
  34. 4.5 あとがき / p69 (0076.jp2)
  35. 第5章 CSシンプル架線の開発 / p70 (0077.jp2)
  36. 5.1 まえがき / p70 (0077.jp2)
  37. 5.2 架線の仕様 / p70 (0077.jp2)
  38. 5.3 シミュレーションによる解析 / p75 (0082.jp2)
  39. 5.4 現車走行による集電性能 / p79 (0086.jp2)
  40. 5.5 周期的な離線 / p82 (0089.jp2)
  41. 5.6 電気検測車によるCSトロリ線経年変化調査 / p108 (0115.jp2)
  42. 5.7 トロリ線摩耗実績 / p112 (0119.jp2)
  43. 5.8 集電騒音性能 / p117 (0124.jp2)
  44. 5.9 あとがき / p120 (0127.jp2)
  45. 第6章 北陸新幹線での性能確認 / p121 (0128.jp2)
  46. 6.1 まえがき / p121 (0128.jp2)
  47. 6.2 シミュレーション / p121 (0128.jp2)
  48. 6.3 風及びトンネル内における列車風による集電への影響 / p121 (0128.jp2)
  49. 6.4 現車試験 / p123 (0130.jp2)
  50. 6.5 あとがき / p127 (0134.jp2)
  51. 第7章 結論 / p128 (0135.jp2)
  52. 7.1 本研究の成果 / p128 (0135.jp2)
  53. 7.2 各章要約 / p129 (0136.jp2)
  54. 謝辞 / p131 (0138.jp2)
  55. 参考文献 / p132 (0139.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170617
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000938628
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334931
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ