【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

シェリングにおける神話と自由の弁証法

この論文をさがす

著者

    • 菅原, 潤 スガワラ, ジュン

書誌事項

タイトル

シェリングにおける神話と自由の弁証法

著者名

菅原, 潤

著者別名

スガワラ, ジュン

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第6615号

学位授与年月日

1998-09-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p5 (0006.jp2)
  3. 第1章 前期哲学における二重化された主体概念-『書簡論文』を中心に- / p9 (0010.jp2)
  4. 第1節 道徳性批判と自由 / p10 (0011.jp2)
  5. 1 自由としてのカントの「精神」 / p10 (0011.jp2)
  6. 2 テュービンゲン神学の道徳性批判 / p15 (0016.jp2)
  7. 第2節 主体概念の二重性 / p19 (0020.jp2)
  8. 1 自己意識的自我と自己同一的自我 / p20 (0021.jp2)
  9. 2「批判主義」の原理としての自我について / p25 (0026.jp2)
  10. 3 絶対的統一と実践哲学への移行 / p30 (0031.jp2)
  11. 4 知的直観と二重化された主体概念 / p34 (0035.jp2)
  12. 5 普遍的法制という実践的課題-二重化された主体概念の進む道- / p36 (0037.jp2)
  13. 6 悲劇論から芸術哲学へ-二重化された主体概念の進むもうひとつの道- / p39 (0040.jp2)
  14. 小括 / p42 (0043.jp2)
  15. 第2章 歴史の目標としての新しい神話-前期神話論の射程- / p44 (0045.jp2)
  16. 第1節 新しい神話の前史 / p45 (0046.jp2)
  17. 1 最初期の歴史哲学と啓蒙的歴史観 / p45 (0046.jp2)
  18. 2 レッシングとの関係 / p49 (0050.jp2)
  19. 3 自然哲学における神話論的モチーフ / p51 (0052.jp2)
  20. 第2節 新しい神話とその行方 / p53 (0054.jp2)
  21. 1 ギリシア神話とキリスト教神話 / p54 (0055.jp2)
  22. 2 キリスト教批判と最後のホメロス / p57 (0058.jp2)
  23. 3 シュレーゲルとの異同について / p60 (0061.jp2)
  24. 小括 / p64 (0065.jp2)
  25. 第3章 中期哲学における深淵的自由 / p66 (0067.jp2)
  26. 第1節 同一哲学における有限者 / p67 (0068.jp2)
  27. 1 絶対的同一性と有限者 / p67 (0068.jp2)
  28. 2 堕落と有限者 / p72 (0073.jp2)
  29. 3 同一哲学に対する批判 / p76 (0077.jp2)
  30. 第2節 深淵的自由と悪の可能性 / p79 (0080.jp2)
  31. 1 愛と収縮力の闘争 / p80 (0081.jp2)
  32. 2 ポテンツの移行と切断 / p86 (0087.jp2)
  33. 3 時間の始まりとしての切断 / p90 (0091.jp2)
  34. 4 永遠性と無底 / p98 (0099.jp2)
  35. 5 従来の悪論に対する批判 / p101 (0102.jp2)
  36. 6 深淵的自由とさかさまの神 / p105 (0106.jp2)
  37. 7 カントの道徳性批判と自由の実在的概念 / p110 (0111.jp2)
  38. 8 システム論と崇高論との関連 / p114 (0115.jp2)
  39. 第4章 神話の哲学と歴史的哲学 / p120 (0121.jp2)
  40. 第1節 消極哲学と神話の哲学 / p122 (0123.jp2)
  41. 1 論理的体系と歴史的体系 / p122 (0123.jp2)
  42. 2『世界歴年』から神話の哲学へ / p125 (0126.jp2)
  43. 第2節 歴史的哲学から啓示の哲学へ / p129 (0130.jp2)
  44. 1 消極哲学と『啓蒙の弁証法』 / p129 (0130.jp2)
  45. 2「そもそも、なぜなにかがあって無がないのか」 / p134 (0135.jp2)
  46. 3 歴史的哲学と九鬼周造 / p137 (0138.jp2)
  47. 4 ヘーゲル批判の文脈 / p144 (0145.jp2)
  48. 5'μή őν'からみた自由の位置 / p147 (0148.jp2)
  49. 6 独断論の位置づけの転換と知の逆説的性格 / p150 (0151.jp2)
  50. 結論 / p153 (0154.jp2)
  51. 補章 日本における新しい神話-保田与重郎ともうひとつの日本型「教養」- / p157 (0158.jp2)
  52. 第1節「教養主義」から「日本への回帰」まで / p159 (0160.jp2)
  53. 1 不安の時代とその超克 / p159 (0160.jp2)
  54. 2 抵抗としての「日本」 / p162 (0163.jp2)
  55. 第2節 後鳥羽院の系譜と新しい神話の交差 / p168 (0169.jp2)
  56. 1 敗者の系譜学 / p168 (0169.jp2)
  57. 2 日本における素朴文学と情感文学 / p172 (0174.jp2)
  58. 3 新しい神話としての万葉集 / p174 (0176.jp2)
  59. 4「大君のへにこそ死なめ」 / p176 (0178.jp2)
  60. 唯美的文化批評とアジア的浄土-残された二つの道- / p181 (0183.jp2)
  61. 註 / p184 (0186.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170634
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170908
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334948
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ