ニューラルネットによるゲーム解答能力の研究

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 宣介 ササキ, ノブスケ

書誌事項

タイトル

ニューラルネットによるゲーム解答能力の研究

著者名

佐々木, 宣介

著者別名

ササキ, ノブスケ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(情報科学)

学位授与番号

甲第6623号

学位授与年月日

1998-11-12

注記・抄録

博士論文

課程

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p3 (0006.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p3 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の背景 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の概要と構成 / p7 (0010.jp2)
  6. 第2章 ニューラルネットワーク概観 / p8 (0011.jp2)
  7. 2.1 ニューラルネットワークとは何か / p8 (0011.jp2)
  8. 2.2 バックプロパゲーション法による学習 / p10 (0013.jp2)
  9. 第3章 ソーティング課題へのニューラルネットの適用 / p12 (0015.jp2)
  10. 3.1 本章の概要 / p12 (0015.jp2)
  11. 3.2 ソーティング課題概要 / p12 (0015.jp2)
  12. 3.3 ランダムな石の交換による解答 / p13 (0016.jp2)
  13. 3.4 ニューラルネットワークによる学習 / p16 (0019.jp2)
  14. 3.5 ニューラルネットワークを利用した解答 / p20 (0023.jp2)
  15. 3.6 学習データの質の影響 / p24 (0027.jp2)
  16. 3.7 第3章のまとめ / p28 (0031.jp2)
  17. 第4章 詰碁課題へのニューラルネットの適用 / p29 (0032.jp2)
  18. 4.1 詰碁課題概要 / p29 (0032.jp2)
  19. 4.2 ニューラルネットワークによる学習 / p31 (0034.jp2)
  20. 4.3 未知の問題に対する解答能力 / p36 (0039.jp2)
  21. 4.4 学習局面と類似の局面に対する解答能力 / p38 (0041.jp2)
  22. 4.5 人間の能力との比較 / p39 (0042.jp2)
  23. 4.6 ネットワークの規模とパターン学習能力 / p41 (0044.jp2)
  24. 4.7 第4章のまとめ / p43 (0046.jp2)
  25. 第5章 考察 / p44 (0047.jp2)
  26. 5.1 詰碁解答プログラムとしての応用 / p44 (0047.jp2)
  27. 5.2 囲碁プログラムへの応用 / p47 (0050.jp2)
  28. 5.3 ソーティング課題と詰碁課題の関連 / p47 (0050.jp2)
  29. 5.4 その他のゲームへの適用について / p48 (0051.jp2)
  30. 第6章 結論と今後の展望 / p49 (0052.jp2)
  31. 6.1 得られた成果と結論 / p49 (0052.jp2)
  32. 6.2 問題点と今後の展望 / p50 (0053.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170642
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170916
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334956
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ