フッサールにおける「超越論的他者」の問題

この論文をさがす

著者

    • 千葉, 胤久 チバ, タネヒサ

書誌事項

タイトル

フッサールにおける「超越論的他者」の問題

著者名

千葉, 胤久

著者別名

チバ, タネヒサ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第6634号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 凡例 / (0003.jp2)
  3. 略記号表 / (0003.jp2)
  4. 序論 / p1 (0006.jp2)
  5. 第I部 「自我への還元」の問題点 / p3 (0008.jp2)
  6. 第1章 「自我への還元」の問題点(1)―反省論的観点から / p3 (0008.jp2)
  7. 1 対象的自我 / p3 (0008.jp2)
  8. 2 「遂行-自我の対象化」という問題 / p7 (0012.jp2)
  9. 3 遂行-自我を「捉える」ということ / p9 (0014.jp2)
  10. 4 自我論から現出論へ / p11 (0016.jp2)
  11. 第2章 「自我への還元」の問題点(2)―(他我)構成論的観点から / p16 (0021.jp2)
  12. 1 フッサール現象学における「他者構成」の意味 / p16 (0021.jp2)
  13. 2 超越論的他我の構成分析と客観的世界の構成分析の概要 / p19 (0024.jp2)
  14. 3 問題点の指摘 / p24 (0029.jp2)
  15. 4 共構成主観としての相互主観性 / p27 (0032.jp2)
  16. 第II部 「共に構成する者としての他者」に関する具体的考察 / p31 (0036.jp2)
  17. 第1章 ノエマ・現実・他者 / p31 (0036.jp2)
  18. 1 フェレスダールのノエマ解釈とグールヴィッチのノエマ解釈 / p31 (0036.jp2)
  19. 2 ペルネの主張 / p33 (0038.jp2)
  20. 3 理念としての「現実の対象」 / p36 (0041.jp2)
  21. 4 「生身にありありしたありさま(Leibhaftigkeit)」 / p37 (0042.jp2)
  22. 5 「汲み尽くせなさ」に見られる「地平としての他者」 / p40 (0045.jp2)
  23. 第2章 事物知覚における「付帯現前化」に見られる「他者」の契機 / p44 (0049.jp2)
  24. 1 二つの「付帯現前化」 / p44 (0049.jp2)
  25. 2 事物知覚の構造 / p47 (0052.jp2)
  26. 3 「ここから」と「そこから」 / p48 (0053.jp2)
  27. 4 「絶対的ここ」への「徹底した還元」 / p51 (0056.jp2)
  28. 第3章 空間・他者・時間 / p55 (0060.jp2)
  29. 1 フッサールの空間構成論 / p56 (0061.jp2)
  30. 2 「ここ」と「別なここ」 / p58 (0063.jp2)
  31. 3 「時間化」の捉え直しの必要性 / p62 (0067.jp2)
  32. 4 「他者」と「別の私」との相違 / p64 (0069.jp2)
  33. 5 「時間化」における二重の「動向」 / p67 (0072.jp2)
  34. 第4章 時間と他者―フッサールの「予期」の分析を手がかりにして / p72 (0077.jp2)
  35. 1 フッサールによる「予期」の分析 / p72 (0077.jp2)
  36. 2 予期の可能性の条件 / p74 (0079.jp2)
  37. 3 未来の意味 / p80 (0085.jp2)
  38. 4 「流れること」と他者 / p86 (0091.jp2)
  39. 第III部 超越論的自我の唯一性と他者 / p92 (0097.jp2)
  40. 第1章 超越論的自我の唯一性と複数性 / p92 (0097.jp2)
  41. 1 超越論的自我の複数性 / p92 (0097.jp2)
  42. 2 「唯一の絶対的自我」 / p94 (0099.jp2)
  43. 3 唯一性と複数性との矛盾の解消を目指す諸解釈 / p97 (0102.jp2)
  44. 4 三つの問題への解答 / p100 (0105.jp2)
  45. 第2章 超越論的存在者の可能性 / p106 (0111.jp2)
  46. 1 「ブリタニカ論文」をめぐる、ハイデガーによるフッサール批判 / p107 (0112.jp2)
  47. 2 われわれの見解とハイデガーの所論との共通点と相違点 / p110 (0115.jp2)
  48. 3 パースペクティヴの原点としての「私」「他者」 / p112 (0117.jp2)
  49. 4 パースペクティヴ・「現出者-現出」・「現出すること」 / p114 (0119.jp2)
  50. 第3章 エポケーを遂行する「私」の「唯一性」 / p119 (0124.jp2)
  51. 1 「私」という名の妥当するもの / p119 (0124.jp2)
  52. 2 超越論的自我とエポケーを遂行する自我との差異 / p122 (0127.jp2)
  53. 3 エポケーを遂行する自我の唯一性とその意味 / p124 (0129.jp2)
  54. 結語 / p130 (0135.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170653
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170927
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334967
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ