問題状況における協力行動の可能性 : 社会的ジレンマとしてのごみ問題

この論文をさがす

著者

    • 中野, 康人 ナカノ, ヤスト

書誌事項

タイトル

問題状況における協力行動の可能性 : 社会的ジレンマとしてのごみ問題

著者名

中野, 康人

著者別名

ナカノ, ヤスト

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第6637号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0006.jp2)
  2. まえがき / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2 社会的ジレンマとしてのごみ問題 / p4 (0012.jp2)
  6. 第2章 ごみ問題に関する先行研究 / p7 (0015.jp2)
  7. 2.1 問題へのアプローチ / p7 (0015.jp2)
  8. 2.2 個人主義的アプローチ / p12 (0020.jp2)
  9. 2.3 本稿における分析の方針 / p17 (0025.jp2)
  10. 第3章 分析するデータと要因の概要 / p19 (0027.jp2)
  11. 3.1 調査の概要 / p19 (0027.jp2)
  12. 3.2 分析する行動と影響する要因 / p20 (0028.jp2)
  13. 3.3 各要因の概要 / p25 (0033.jp2)
  14. 3.4 各要因の単独での効果 / p35 (0043.jp2)
  15. 第4章 減量行動に影響する要因 / p36 (0044.jp2)
  16. 4.1 ごみ減量問題と社会的ジレンマ / p36 (0044.jp2)
  17. 4.2 分析 / p40 (0048.jp2)
  18. 4.3 考察 / p49 (0057.jp2)
  19. 第5章 要因の影響 / p55 (0063.jp2)
  20. 5.1 協力意志への影響 / p55 (0063.jp2)
  21. 5.2 要因の分類 / p58 (0066.jp2)
  22. 5.3 協力意志・コスト感・規範意識・心配度モデル / p63 (0071.jp2)
  23. 5.4 まとめ / p69 (0077.jp2)
  24. 補節:その他のモデル / p70 (0078.jp2)
  25. 第6章 協力の条件 / p77 (0085.jp2)
  26. 6.1 協力の条件 / p79 (0087.jp2)
  27. 6.2 協力基準値と協力条件の変化 / p84 (0092.jp2)
  28. 6.3 ブール代数分析とログリニア分析の比較 / p90 (0098.jp2)
  29. 第7章 要因の構造 / p97 (0105.jp2)
  30. 7.1 要因の構造 / p97 (0105.jp2)
  31. 7.2 構造と協力意志 / p102 (0110.jp2)
  32. 第8章 まとめ / p109 (0117.jp2)
  33. 8.1 前章までの要約 / p109 (0117.jp2)
  34. 8.2 協力行動の可能性 / p111 (0119.jp2)
  35. 8.3 まとめと今後の課題 / p113 (0121.jp2)
  36. 引用文献 / p116 (0124.jp2)
  37. 図目次 / p127 (0135.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170656
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170930
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334970
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ